平成29年度~校長室

2018年8月の記事一覧

怪談

今日も暑くてたまらない日になりそうです。涼しい日はなかなか来そうもありません。今はエアコンがありますが、エアコンも扇風機もない時代、人々は夏の暑さをしのぐため、さまざまな知恵を絞り、工夫を施しました。「怪談」といえば、恐怖心によって夏に涼を得るアイデアの1つに思われますが、実際にどうでしょうか? 実は、怪談はお盆と深い関係があります。旧暦7月15日のお盆には、先祖の霊があの世から現世に帰ってくるとされています。但し、すべての霊が生前に満たされた人生を送ってあの世に行った訳ではありません。無念の思いを抱いた霊、成仏できない霊も少なくなかったと思います。江戸時代、お盆の時期に行われた芝居では、そうした霊の恨みや苦しみ、復讐への想いを、鎮魂の意味を込めて語るようになりました。そうして誕生したのが怪談であり、なかでも「東海道四谷怪談」、「番町皿屋敷」、「牡丹灯籠」は日本三大怪談と称されるほどに知名度を高めました。お盆がきっかけとなって生まれたため、怪談が夏の風物詩となったのです。平和な江戸時代の夏に、あえて階段を聞いたり語ったりすることで恐怖を味わい、涼をとろうとした側面があったことは間違いではありませんが、それだけが夏に会談がとりあげられる理由ではなかったのです。

        

0

香/線香(こう/せんこう)

 盆の精霊棚に供える線香や蚊取り線香の香りは、日本の夏の情景を思い起こさせるものです。香には練り合わせて棒状にした線香、丸薬状の練香などさまざまな種類があり、白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)などの香木を加えて、より香がよくなるようにしたものもあります。江戸時代には線香の燃焼時間で時を測り、禅寺では線香1本が燃え尽きるまでの時間約40分を座禅の時間の単位としたということです。よい香りをかぐと、脳内にアルファ波やβエンドルフィンなどが出てリラックス効果があり、蒸し暑い夏には涼感を呼びます。香は何となく、夜が似合う感じがあります。

 
0

盆踊り

 盆踊りはお盆にかえってきた祖霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事です。念仏踊り(自分で念仏を唱えながら踊る)から 踊り念仏(念仏を唱える人と踊る人がいます)に発展した民族芸能が盂蘭盆(いわゆるお盆のこと)と結びつき、精霊を慰めたり送り出すための行事になりました。15日の晩に盆踊りをし、16日に精霊送りをするのもそのためです。月が満ちるとき、その引力で海は大潮となり、人は高揚します。さらに、盆踊りには娯楽的な要素もあります。地域の結びつきを深め、帰省した人々の再会の場や、男女の出会いの場でもありました。盆踊りの歌詞に色恋ものやきわどい内容が多いのはそのためで、人々は年に一度の盆踊りに様々な思いを託しました。本来、盆踊りの晩(旧暦7月15日)は満月ですから、照明のない時代でも明るく過ごせ、月の引力の影響で人も高揚するため、盆踊りに最適だったのです。盆踊りは、祖霊になった人々との別れを惜しむ踊りであり、人の出会いや別れとともに過ぎ行く夏を惜しむ踊り。子供達は無邪気にはしゃぎ、大人達は様々な思いを胸に踊ります。そのためでしょうか、楽しいだけではなくなぜか切なさを感じます。

          

0

団扇(うちわ)

 団扇は涼しい風を起こす道具で、日本の夏の必須アイテムです。最近はイベントなどさまざまな場面でオリジナルの団扇が配られています。団扇には、扇子面と柄が別に作られる京団扇(都団扇)、太竹を割って作られ、柄と骨が一本の竹でできた平団扇(丸亀団扇)、一本の細竹から作られる丸竹団扇(房州団扇)などがあり、いずれも職人の手によるもので、季節感のある絵柄も涼しさを演出してくれる。暑さをしのぐだけでなく、火をおこしたり、蝿などの虫を払うときにも便利です。最近はビニール製のものやキャラクターを描いたものなどさまざま団扇多く出回っています。手っ取り早く涼しさを得られるので、扇子とともに多くの人々に求められています。
        
0

お盆

 学校の周りでも今日からお盆になるところが多いようです。お盆は先祖や故人の霊を家に迎えて供養する日本独自の風習です。仏教が伝来する以前から日本でおこわれていた先祖の霊を迎える「御霊祭り」と、仏教で逆さ吊りにされるような苦しみに会っている死者を救うための法要「盂蘭盆会」が融合して誕生したといわれています。江戸時代以前、お盆は貴族や武士など上層階級だけの行事でした。一般庶民の間にお盆が普及したのは、仏壇や盆提灯に灯すろうそくが安価で手に入るようになった江戸時代以降のことです。お盆の迎え火は、先祖や故人の霊が迷うことなく家に戻れるように灯す火のことで、家の玄関先や縁側などに吊るした盆提灯に火を灯すのが一般的です。一方、送り火はお盆の最後の夜に先祖や故人の霊があの世に無事に帰れるように帰り道を照らす火のことです。また、最終日の夕刻に、灯籠やお盆のお供え物、盆棚の飾り物などを小舟に乗せて、海や川に流すことで先祖や故人の霊を再びあの世に送り出す行事が「精霊流し」です。

             
0

立秋

 今日は今年の立秋に当たります。立秋とは夏が極まり秋の気配が立ち始める日。七月節(旧暦7月)。『暦便覧』では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明しています。夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬の前日までが秋となります。二十四節気が成立した中国内陸部は、大陸性気候のためこの時期は気温が下がり始めているが、海に囲まれた日本列島ではピークがずれ込み猛暑の時期となることが多いです(今日は関東地方は台風の接近で涼しめですが)。翌日からの暑さを「残暑」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられます。また、翌日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになります。この頃は、月遅れのお盆を前に各地で夏祭りが開催されます。まだ夏のレジャーを楽しむ頃ですが、よく観察してみると秋の気配を感じることができます。夏の風と秋の涼やかな風が混在し始めます。空を見上げると、巻雲など秋の雲も見えることもあります。

 
0

インターハイ速報

 三重県で開催されていたインターハイに出場していたウエイトリフティング部から朗報が届きました。3日におこなわれた56kg級の平井翔悟君が2位、6日におこなわれた94kg級の山本広大君が26位105kg級の柿本和希君が5位2人の選手が上位入賞をしました。
3人とも今まで頑張って蓄えた力を存分に発揮してもらえたと思います。3人の選手の皆さんと顧問の黒川先生、お疲れ様でした。

 

0

海水浴

 暑い夏の時期、各地の海辺では海水浴に多くの人が訪れます。海水浴は夏のレジャーの1つで、海岸へ赴いて水着を着用して、スイカ割や日焼け、水泳等をおこなうのが一般的です。海水浴の歴史は17世紀のヨーロッパに遡りますが、18世紀後半から一般的になりました。当初は温泉浴と同様に、健康の維持と回復のためのものとして処方されて出かけるようなものでした。日本における初期の海水浴では、京都の時代祭りに登場する牛の引く御所車のような乗り物に乗り、牛に後ろ向きに海の中に入って後ろのドアを両開きに開き、自分たちが他から見えないようにして海に浸かったと言われています。また、当初はパジャマに似たような服装で海水浴をおこなっていました。また、江戸時代には、平磯(茨城県那珂郡)などで海水浴が行われ、潮湯治と呼ばれていました。 日本における近代海水浴は、明治時代、ジェームス・カーティス・ヘボンにより健康増進目的に奨励され、京浜地区の海岸では扇島、新子安、本牧をはじめとして海水浴場が次第に増え、戦後昭和の工業化による埋め立てが行われるまで海水浴客で栄えました。その後、時代の変遷とともに20世紀中頃からは水着用の特殊な生地が開発されたり、ビキニ、セパレーツ、Tバックなどの水着の流行を経て、今日に至っています。海水浴に適した砂浜の海岸は、海水浴場として整備されることが多く、日本では明治に陸軍軍医の松本良順が奨励をおこないました。海水浴の際の履物としてビーチサンダルがあります。海でも傷まず、足を洗うときが楽であるため、必需品とされています。裸足で過ごしてもかまいませんが、気軽に履いたり脱いだりできることや、足を危険物から守るため、重要です。また、夏の海岸線は紫外線が強く、日焼け止めの用意は大切です。ビーチで飲酒する場合は水分補給を忘れずに行い、飲酒後の海水浴は厳禁です。入れ墨、タトゥーなど、他の海水浴客に威圧感を与えるものは露出禁止となっている海水浴場もあります。

 

0

山の日

 暑い日が続き、レジャーシーズンに入った感があります。ところで、8月11日の「山の日」は、昨年より施行される「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する」という趣旨の国民の祝日です。ほかの祝日と異なり、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではなく、「山の日」を国民の祝日にしようという様々な動きによってできました。日本は国土のおよそ7割が山地で、周りを海に囲まれているため、人々は山や海に畏敬の念を抱きながら生活し、それらの恵みに感謝しながら自然とともに生きてきました。1995年に「海の日」が国民の祝日になると、山梨県をはじめ複数の府県で「山の日」ができ、2002年の国際山岳年に「山の日」制定の構想が本格化しました。その後、2010年に日本山岳協会などの団体が「山の日」制定協議会を設立し、「山の日」を国民の祝日にする運動が全国に広がりました。こうした動きを受けて2014年に「山の日」が制定され、昨年より施行となりました。
 大人にとっては祝日が増えるのはありがたいですが(今年は土曜なので影響はなし?)、高校生は夏休みなので影響はなさそうですね。

 
0

体験入学

 本日、体験入学を実施しました。140名を超える中学生が商業5つ、農業5つの授業に参加し、ふだんとはちがう高校の授業を体験をしてもらいました。商業系の授業はパソコンや電卓を活用することが多く、戸惑いもありましたが、すぐに慣れて課題にチャレンジ! 農業系は活動の時間が多く、興味津々で臨んでいました。その後部活動体験を実施し、20名ほどの中学生がブラスバンド、卓球、バスケット、バドミントン、ソフトテニス、弓道、サッカー、野球部の練習に参加しました。熱中症に十分注意しながら、在校生も先輩として中学生をうまく導けたようです。中学生や保護者の方々に学校を知ってもらうよい機会とすることができました。

 
     受付開始         これから体験入学を始めます
 
 情報処理(ビ会・商業科)        総合実践
 
    ビジネス基礎        情報処理(情報処理科)
 
      簿記             フラワー
 
     食品製造          グリーンライフ
 
      野菜収穫          ブルーベリー収穫
 
 部活動体験(バドミントン)     部活動体験(野球)
0