校長室日誌

2017年9月の記事一覧

高校生インストラクター講座

 9月9日(土)、羽生市教育委員会の主催で、本校で高校生インストラクター講座をおこないました。本日の講座では、パソコンでのカレンダーや年賀状の作り方について、本校のコンピュータ部の生徒が講師となって、市内の方々につくり方のレクチャーをおこないました。
 コンピュータ部の活動を紹介します。ふだん情報処理棟1階で活動しており、毎日の活動は高度な資格取得のための勉強や、情報処理競技大会やワープロ競技大会で好成績をあげるための練習を行っています。情報処理競技大会やワープロ競技大会では、全国大会に出場した実績もあります。また、卒業した先輩達のなかには、高度な資格を多数取得し、有名私立大学に進学した者も数多くいます。今年度も全国大会出場、上位進出を目指し、毎日遅くまで頑張って練習をしています。
  
 この日は、午後1時30分から開校式をおこなった後、さっそく講座をおこないました。参加した方々は、ふだんはあまり使わないパソコンの使い方に初めは苦労していましたが、生徒や先生方がていねいに指導する中で、次第に操作に慣れ、最後は作品を作り上げることが出来ました。
 
 
 この後、12月16日(土)にもフラワーデザインのインストラクター講座をおこなう予定です。皆さまの参加をお待ちしております。

0

PTA後援会親善スポーツ大会

 9月9日(土)本校体育館で、PTA後援会親善スポーツ大会をおこないました。競技種目は4人制のソフトバレーボールで、8あるPTA支部の対抗戦に、教員も2チームエントリーして臨みました。この日は各支部から多くの保護者の方々に参加いただき、予選リーグ、決勝トーナメントをおこないました。接戦あり、熱戦ありのなかで、第1支部が優勝しました。お疲れ様でした。
 また、バレーボール部の生徒が審判、補助員として活躍してくれました。ありがとうございます!
 

0

重陽の節句

 暑い日があったかと思うと涼しい日となったりと、不安定な天気が続きます。この時期、雨が降って湿度が上がり不快指数が増しますが、気持ちは前向きにいきたいです。さて、明日9月9日は重陽の節句です。五節句とは江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)を言い、1月7日の人日の節句(七草粥)、3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句をさします。古来より、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、めでたい反面、悪いことにも転じやすいと考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。こうした節句は、行事と関係する植物の名前を冠して呼ばれることも多く、1月7日は七草の節句、3月3日は桃の節句、5月5日は菖蒲の節句、7月7日は笹の節供、そして9月9日は菊の節句と呼ばれています。菊は古来より薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。菊のおかげで少年のまま700年も生きたという「菊慈童(きくじどう)」伝説もあります。また、他の花に比べて花期も長く、日本の国花としても親しまれています。菊といえば晩秋の花という印象ですが、旧暦の9月9日は新暦の10月中ごろにあたり、まさに菊の美しい季節でした。このころは農繁期であることや、新暦に替わって季節感が合わなくなったことなどから次第に廃れてきましたが、寿命を延ばすと信じられていた菊を使い、さまざまな風習が伝えられています。また、庶民の間では「お九日(くんち)」と呼ばれて親しまれ、秋の収穫祭と合わせて祝うようにもなりました。
 「9は苦につながる」という人もありますが、上記のようなこともあるのですね。物事は前向き、肯定的にとらえていくほうがいいと思います。
 
0

防災について考える

 昨日、防災について少しふれました。防災は災害を未然に防ぐために行われる取り組みです。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もあります。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがあります。災害時の対応は主体の違いにより、自ら対応する「自助」、ご近所などの共同体で助け合う「共助」、消防や自治体に助けてもらう「公助」の3つに区分することができます。市民と行政の役割分担が強化された現代では、日常生活で行政に依存する部分があり、災害時にもこの延長として市民は「公助」が機能することを期待します。しかし、ある調査で災害時には自助 : 共助 : 公助の割合が7 :2 :1になると報告されているように、災害時には「公助」は限定的にしか機能しないうえ、災害が深刻であるほど「公助」の機能は低下します。特に、瞬時に大量の被災者が生じる地震の場合は顕著です。例えば、阪神・淡路大震災では、家屋などの下敷きとなった16万4千人のうち、12万9千人(8割)が自力で脱出、2万7千人(16%)は近隣住民が救出、7900人は警察・消防・自衛隊が救出しましたが、近隣住民により救出された人は約8割が生存していたのに対し、警察等により救出された人の生存率は約50%です。そのため、「自助」「共助」の重要性は高いと言えます。ちなみに被災後、数週間ほどたってから、水や食料が比較的充分に供給されていた避難所で、支援物資として実際に持ち込んで、喜ばれた(役に立った)品々を列挙すると以下のようになります。
・携帯充電機能付簡易ラジオ
・マスク(不足気味だった)
・ウェットティッシュ(大判のもの)
・作業用長靴(自宅整理用)
・菓子類
・洗面道具
・化粧品、生理用品、オムツ
・下着類(特に女性用)
 被災後数日、数週間、数カ月後、被災地では必要なものというのはどんどん変化していくもの。最初は水とオニギリさえあればよかったけれど、そのうちに色々なものが必要になってきます。缶詰やレトルト食品も一週間もすれば辛くなってくる。風呂にも入りたい。清潔な物も着たい。希望はどんどん変わってくるものだからです。その日のためにどれだけ準備していたかで自分や家族の避難所生活は大きく変わってしまうということを今一度思いおこしておくことが必要です。また、支援をする場合には本当に必要なものを、きちんと調べてから新品を送ることが災害時には必要です。
 
0

9月の風景②

 朝夕すっかり涼しくなりました。夕陽は午後6時ごろ沈むようになり、秋の気配が日に日に増しています。9月は空が澄み、実りの季節の始まりを告げる月ですが、じつは梅雨と並んで雨が多い月なのです。秋の天気の特徴は、大陸からの移動性高気圧や低気圧が交互に日本付近を通るため、3~4日程度の間隔で天気が周期的に変化します。シトシト降る「秋雨」の後、澄み渡ったさわやかな天気となる「秋晴れ」が特徴です。秋の長雨はその年によって差がありますが、だいたい9月半ばから10月の初めにかけてのおよそ1か月間です。梅雨と比べて、東日本や北日本で影響を受けやすくなります。また、秋の長雨はシトシトと弱い雨が降り続くのが特徴です。「秋晴れ」のイメージが強い秋ですが、じつは昔から梅雨と並ぶ、第二の雨の季節だったのです。これからの季節、新聞などの天気図で、東西に延びる前線が出現したら要注意です。数日間にわたって雨が降り続く可能性があります。多すぎる雨は植物にとっても大敵。根腐れなどには十分注意しなければなりません。根腐れを起こしやすい植物は鉢植えにして、雨の当たらない軒下などに移動させましょう。また、これから来春の草花のタネまきの時期になります。せっかくまいたタネが流されてしまっては、元も子もないですから、タネまきのタイミングも慎重に検討したいものです。秋雨前線が現れる前が狙い目かもしれません。
 8月に台風も来ましたが、家庭でも災害用の食料や必要品を確認するなど、もう一度自分たちの足元、周りを確認しておきましょう!
 
0