校長室日誌

2017年8月の記事一覧

怪談

 今日も真夏らしからぬ雨&涼しい日。東京では8月に入って15日連続の降雨とのこと。学校の農作物も冷夏で成長が心配されます。
 本来なら、暑くてたまらないこの時期。エアコンも扇風機もない時代、人々は夏の暑さをしのぐため、さまざまな知恵を絞り、工夫を施しました。「怪談」といえば、恐怖心によって夏に涼を得るアイデアの1つに思われますが、実際にどうでしょうか? 実は、怪談はお盆と深い関係があります。旧暦7月15日のお盆には、先祖の霊があの世から現世に帰ってくるとされています。但し、すべての霊が生前に満たされた人生を送ってあの世に行った訳ではありません。無念の思いを抱いた霊、成仏できない霊も少なくなかったと思います。江戸時代、お盆の時期に行われた芝居では、そうした霊の恨みや苦しみ、復讐への想いを、鎮魂の意味を込めて語るようになりました。そうして誕生したのが怪談であり、なかでも「東海道四谷怪談」、「番町皿屋敷」、「牡丹灯籠」は日本三大怪談と称されるほどに知名度を高めました。お盆がきっかけとなって生まれたため、怪談が夏の風物詩となったのです。平和な江戸時代の夏に、あえて階段を聞いたり語ったりすることで恐怖を味わい、涼をとろうとした側面があったことは間違いではありませんが、それだけが夏に会談がとりあげられる理由ではなかったのです。
 
0

夏の風景③ 閑静な1日

 8月に入り暑い日もありますが、30°に届かず汗をかかない日も何日かあります。立秋を過ぎたせいでしょうか?
 学校もお盆を過ぎ、部活動で登校する生徒も以前に比べ、部活の夏休みに入ったのか、少ないようで、静かさを感じます。雨も降ったことで、今日は涼しさがいつもより増します。
 
  お盆に入り、校内も登校者、来校者も少なく、静かです。
 
   雨が降り、グラウンドで活動している生徒はゼロ!
 
  はなみづきや花壇の花は雨の影響でみずみずしい姿に!
0

お盆

 先祖や故人の霊を家に迎えて供養する日本独自の風習がお盆です。仏教が伝来する以前から日本でおこわれていた先祖の霊を迎える「御霊祭り」と、仏教で逆さ吊りにされるような苦しみに会っている死者を救うための法要「盂蘭盆会」が融合して誕生したといわれています。江戸時代以前、お盆は貴族や武士など上層階級だけの行事でした。一般庶民の間にお盆が普及したのは、仏壇や盆提灯に灯すろうそくが安価で手に入るようになった江戸時代以降のことです。お盆の迎え火は、先祖や故人の霊が迷うことなく家に戻れるように灯す火のことで、家の玄関先や縁側などに吊るした盆提灯に火を灯すのが一般的です。一方、送り火はお盆の最後の夜に先祖や故人の霊があの世に無事に帰れるように帰り道を照らす火のことです。また、最終日の夕刻に、灯籠やお盆のお供え物、盆棚の飾り物などを小舟に乗せて、海や川に流すことで先祖や故人の霊を再びあの世に送り出す行事が「精霊流し」です。
 
0

8月の風景② ゆり園

 台風5号が過ぎ、今日は37°の予報が出ています。聞いただけで暑くなる気温ですが、熱中症にならないように十分に水分を補給してください。
 先日、群馬県の尾瀬岩鞍のゆり園に行ってきました。ゆりの花が斜面に可憐に咲いていました。8月中旬まできれいに咲いているとのこと。涼しさを求め、出かけてみてはいかがですか?
 
  
 
 
0

山の日

 台風の進路が心配されますが、レジャーシーズンに入った感があります。ところで、8月11日の「山の日」は、昨年より施行される「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する」という趣旨の国民の祝日です。ほかの祝日と異なり、山に関する特別な出来事などの明確な由来があるわけではなく、「山の日」を国民の祝日にしようという様々な動きによってできました。日本は国土のおよそ7割が山地で、周りを海に囲まれているため、人々は山や海に畏敬の念を抱きながら生活し、それらの恵みに感謝しながら自然とともに生きてきました。1995年に「海の日」が国民の祝日になると、山梨県をはじめ複数の府県で「山の日」ができ、2002年の国際山岳年に「山の日」制定の構想が本格化しました。その後、2010年に日本山岳協会などの団体が「山の日」制定協議会を設立し、「山の日」を国民の祝日にする運動が全国に広がりました。こうした動きを受けて2014年に「山の日」が制定され、昨年より施行となりました。
 大人にとっては祝日が増えるのはありがたいですが、高校生は夏休みなので影響はなさそうですね。
 
※ インターハイ追報
 94kg級に出場した柿本和希君は、トータル25位の成績でした。
0