校長室日誌

2017年4月の記事一覧

放課後

 1年生が入学し2週間が過ぎます。年度当初の行事もほとんど終わり、定期的な日常の営みが繰り返されるようになってきました。ふつうに授業のある日が一番多いのですから、これらの日をどのように過ごしていくかは、充実した高校生活を送るうえでとても大切です。
 放課後、体育館やグラウンドに足を向けると、さまざまな部活動で元気な声が飛び交っています。どの部も1年生が加入し、熱気・活気が溢れています。春の大会も近く、1年生を加えて日頃培った力を発揮してもらえればと思います。
 
体育館では、バスケットボール部・バレーボール部・バドミントン部が
 
グラウンドでは陸上部とソフトボール部が練習に取り組んでいました
0

明日は園芸即売会です!

   いよいよ明日は春の園芸即売会です。
 
※ このほかにもきゅうりやピーマンの苗木を販売します
 
   生徒たちや先生方が丹精を込めて育てた草木の苗を販売させていただきます。写真のとおり野菜と草花の苗を取り揃えています。
 
※ 温室で育て、たくさんの苗木を用意しております
 
   明日の天気も晴れの予報が出ていますので、散歩がてらお立ち寄りいただければ幸いです。
 
※ このほかにもささざまな色の苗木を御用意しております
 
0

今日の学校

 
 朝は風の強い時間もありましたが、天気予報のとおり次第に穏やかになってきました。今日の5・6限は身体計測です。身長・体重・視力・聴力の検診を各教室で検査をおこなっています。昨年に比べてそれぞれよくなっているかな? 伸びているかな? 年度当初なので他の検診や個人写真撮影など、授業の合い間にさまざまな行事が入ります。うっかり遅刻したりすると受けられず、後日再検診になることも。気をつけましょう!
 
  桜はほぼ終わりましたが、他の草木が目を楽しませてくれます
0

日本人の感性

 今も昔も日本人は季節に寄り添いながら暮らしています。ほかにも四季のある国はたくさんありますが、緯度や経度によって状況は異なるため、四季折々の情景や季節感は、日本の風土によって生まれたものです。
 
 では、日本人の季節感が称賛されることが多いのはなぜでしょう? それは、日本人の繊細な感覚により、四季折々に豊かな文化を生み出しているからかもしれません。私たちは、暑い、寒いといった皮膚感覚にとどまらず、花鳥風月をめでるなど季節の風情を大切にしています。幼いころから自然に親しみ、季節を愉しむすべを会得しているのです。桜が咲くと春が来た喜びを感じ、祭りばやしに心躍らせ、旬の味覚に舌鼓を打つ。夏の日差しにじりじりと焼かれ、冬の寒さに襟を立てる。なにげなく、五感で感じているものが、実は季節であり、歳時記のひとつなのです。
 
 季節とともにめぐる歳時記は、今も昔も暮らしを豊かにするツール。歳時記のもとになる暦は、この季節の移り変わりの目安として編み出されたものです。暦の中に二十四節気や雑節といった季節の目安が設けられ、季節感を共有しているのも大きなポイントで、節分や立春といったお馴染みのものごとも、季節と暦の関係からきています。
 暦を知ることで季節の巡りがよくわかります。自分が育つ環境を知ることは大切です。

0

春の風習

 今日は日本の古くからの春の風習を調べてみました。日本では、古来より農業や漁業が繁忙期を迎える前の春の1日に、山遊び、野遊び、磯遊びといって、野山や海辺にごちそうを持って遊びに出かける習慣がありました。その日は物忌みの日とされ、働くことは禁じられていたそうです。今の土日に当たりますか。私は土曜日に千葉県の香取神宮を訪れ、野火の神楽を観ました。(写真はその時のもの)
 
 山にも海にも、祖先の霊が姿を変えた神様が住んでおり、野山や海辺に足を運んで飲んだり、食べたりの宴を開くことは、豊かな恵みを与えてくれる山の神や海の神に感謝を捧げ、神様と人がともに食事をすることにつながっていたようです。人々は野山では山菜や花を、海辺では貝や海藻を取って楽しむとともに、豊作、大漁を祈願しました。
 
    花見も、桜の木に宿る田の神様に豊作を祈願することから始まり、多くの人々に花見が現在のように広まったのは、江戸時代の8代将軍徳川吉宗の時代からでした。
 桜は散り始めていますが、他の花木がこれに続いて成長し、爽やかな季節が続きます。
 
0