日誌

2017年12月の記事一覧

冬季トレーニング

11月に行われた5校リーグの結果をお知らせします。

【5校リーグ】
11/5   vs不動岡 15-5● 7c (栗橋北彩と合同)
11/14 vs鴻巣  18-1● 7c (栗橋北彩と合同)
11/18 vs進修館 13-0● 7c (開智未来と合同)
(羽生第一戦は雨天のため、中止となりました)

一勝を挙げることができず、悔しいリーグ戦となりました。合同チームを組んでくださった2校の皆さま、大変お世話になりました。


さて、12月からは基礎的なトレーニングをメインに練習に取り組んでいます。日によってメニューは違いますが、守備に特化した日、打撃に特化した日と、1日1日のねらいをはっきりとさせて取り組むようにしております。

今までのメニューよりもハードな内容ですが、弱音を吐かずに、選手間で励ましあいながら取り組んでいる様子がよく見られます。最近よくトレーニング中に「頑張れ」という声かけだけでなく「ここまで追い込め」「抜くな」と自分達を追い込み、鼓舞する声がよく飛び交います。指導者側から追い込みをかけることは日常ですが、選手間で高めあおうとする姿勢が出てきたのは、きっと今シーズン辛い思いをしたこと、来季へかける気持ちの表れだと思います。

選手へは、合理的な練習と同じくらい、辛い練習が必要であるということをミーティングで話しています。たとえ試合で辛い局面を迎えても、あの時のあの練習に比べれば、こんなの乗り越えられるぞ、と思えるくらいの精神力は絶対に必要です。それは試合だけでなく、社会に出てからも同じことが言えると思います。いつか彼らが社会に飛び出し、辛い状況に直面したときに、野球部で培われた精神力・体力で乗り越えていってほしいです。

ただ、選手たちの目標はあくまで公式戦で勝つことです。来春の大会から、羽生実業高校は今までの北部地区から東部地区へ移ります。気持ち新たに、東部地区で頑張りたいと思います。

来季も応援よろしくお願いいたします。