平成29年度~校長室

2018年8月の記事一覧

なす(茄子)

 夏は、なす(茄子)、きゅうり、トマトなど実のなる野菜の季節。これらは一年中出回っていますが、本来は夏から秋が旬です。水分も多く、からだを冷やす作用があって暑い時期にピッタリ。夏野菜の主役のひとつともいえるなすと日本人との係わりは深く、種類も豊富で、様々な料理で食べられてきました。なすは、インドが原産とされる茄子科の一年草で、日本には奈良時代に入ってきたと言われています。その後、日本の気候風土になじみながら、各地にさまざまな種類が生まれました。一般によく出回っているのは、卵型の「千両茄子」や少し細長い「長茄子」。揚げ田楽がおいしい大きな「米茄子」や、小さくて漬物などにぴったりの「小茄子」もあります。伝統野菜や特産となっているなすも多く、丸なすの代表格「賀茂茄子」や、生でも食べられる水分たっぷりの「泉州水茄子」などがよく知られています。なすは英語で"Eggplant"(エッグ・プラント:たまご植物)といいますが、もともと原産地周辺の東南アジアなどでは白や緑色のものが一般的で、白い卵に似ていたためでしょう。日本で茄子の色は一般に「茄子紺」と呼ばれる紫色をしていますが、青茄子、白茄子も各地で栽培されていますし、イタリアなどヨーロッパからの輸入品種もあります。なすは、栄養的には特筆すべきものはありませんが、茄子紺の色はナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化力があります。水分が多く、体を冷やす作用があるので暑い時期にはぴったりです。「秋なすは嫁に食わすな」ということばがありますが、解釈には諸説あります。おいしい秋茄子を憎い嫁に食べさせるのはもったいないという意地悪な説の他に、からだが冷えるので特に妊娠中の嫁には食べさせないほうが良いからという説もあります。また、嫁は夜目=ねずみのことで、ねずみに食べられるなという意味だとする説もあります。なすは煮る、焼く、炒める、揚げる、蒸す、漬けるなど、どんな調理法でも美味しくできます。味がつけやすく、特に油との相性が良いのが特徴です。なすそのもののおいしさを味わうなら「焼き茄子」がピッタリ。まるごと蒸し焼きにすることでなすの甘みやうまみ、とろみが引き出されます。煮ものにすれば、だしや調味料をよく吸っておいしくなり、揚げものにすると油との相性が抜群でコクが生まれます。煮ものにする前にさっと素揚げにするのもおいしくするテクニック。漬物にしてもおいしい保存食になります。

 

0

きゅうり(胡瓜)

 スーパーなどで1年中野菜売り場で販売されるきゅうり。きゅうりの呼称は、漢字で「木瓜」または「黄瓜」(きうり、現代中国語でも「黄瓜」)と書いていたことに由来します。きゅうりは古くから食用の野菜として栽培されてきています。果実成分の95%程度が水分とされ栄養価は低いですが、歯ごたえのある食感とすっきりとした味わいがあります。水分を多く含むことから、暑い地方では水分補給用として重用されてきました。紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されており、インド、ギリシア、エジプトなどでも栽培されました。その後、6世紀に中国、9世紀にフランス、14世紀にイングランド、16世紀にドイツと伝播していきました。アメリカには15世紀末コロンブスがハイチに持ちこんだのを端緒に普及していきました。キュウリを好物とした歴史上の有名人としてローマ皇帝ティベリウスがいます。中国ではかつて、ビルマ経由で伝来した水分の少ない南伝種が普及し、シルクロード経由の瑞々しい北伝種の伝来まで、この南伝種を完熟させてから食べるのが一般的でした。後に南伝種は漬物や酢の物に、北伝種は生食に使い分けられることになります。南伝種の伝来後、日本でも江戸時代までは主に完熟させてから食べていたため、黄瓜と呼ばれるようになりました。日本では1500年ほどの栽培の歴史を持ちますが、完熟した後のきゅうりは苦味が強くなり、徳川光圀は「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず」、貝原益軒は「これ瓜類の下品なり。味良からず、かつ小毒あり」と、はっきり不味いと書いているように、江戸時代末期まで人気がある野菜ではありませんでした。これには、戦国期の医学者曲直瀬道三の『宣禁本草』などに書かれたキュウリの有毒性に関する記述の影響があると見られています。イエズス会宣教師のルイス・フロイスは著書『日欧文化比較』で「日本人はすべての果物は未熟のまま食べ、胡瓜だけはすっかり黄色になった、熟したものを食べる」と分析しています。幕末、キュウリの産地だった砂村(現在の江東区)で、キュウリの品種改良が行われ、成長が早く、歯ごたえがよく、味も良いきゅうりが出来て一気に人気となりました。きゅうりは全体の90%以上が水分で、ビタミンC、カロチン、カリウムなどの栄養素が含まれていますが、含有量は非常に低い水準です。かつて、きゅうりはデザイナーフーズ計画のピラミッドで3群に属しており、3群の中でも、ハッカ、オレガノ、タイム、アサツキとともに3群の中位に属しますが、癌予防効果のある食材であると位置づけられていました。生のまま、味噌やもろみをつけて齧ったり、サラダ、寿司(かっぱ巻き)、酢の物、和え物、塩揉みなどで供されるほか、かっぱ漬け、奈良漬け、醤油漬け、わさび漬け、ピクルス、オイキムチなどの漬物の材料として使われます。日本の料理で加熱調理されることは少ないですが、中華では煮物や炒め物としても利用されます。トルコ料理のシャジュク、スペイン料理のガスパチョなど、スープにして食することも多いです。また、実が小さいうちに収穫したものを「もろきゅう」といい、主に生で食べます。さらに未熟で花の付いた物は「花丸きゅうり」と呼びます。ただし、地域によって呼び方や規格が異なることがあります。

 
0

金魚

 水の中をひらひらと涼しげに泳ぐ金魚。金魚を見ていると暑さがスーッと引くようにも感じられます。金魚は誰でも気軽に飼育することができるので、日本人にとって最も身近な観賞魚でしょう。子どもの頃、金魚すくいに夢中になったなんて思い出のある方も多いことと思います。金魚は夏の風物詩のひとつ。かわいい金魚を眺めながら、ひととき暑さを忘れて和んでみませんか。金魚は、突然変異で赤くなったフナがその始まり。1500年以上前の中国では野生の赤いフナを捕まえて飼育していたそうです。やがて人の手で繁殖させて改良品種が作られるようになりました。日本には、室町時代に中国から伝わりました。大名や一部の富裕層の贅沢な趣味でしたが、江戸時代後期になると庶民の間にも金魚ブームが起こり、養殖や品種改良が盛んに行われるようになりました。天秤棒に金魚を入れた盥を下げて「きんぎょ~え~、きんぎょ~」と売り歩く「振売り」は江戸の夏の風物詩。金魚売りから買った金魚は「金魚玉」と呼ばれるガラスの金魚鉢に入れて、軒に吊るしたりして楽しみました。一口に金魚といっても種類はさまざま。江戸時代は和金やランチュウなどが主でしたが、その後中国からたくさんの品種が入ってきました。現在、日本固有の品種とされる金魚も当時輸入された金魚を基に日本で改良されたものです。金魚は大きく4つに分けることができます。フナに近い細長い形をした「和金型」、丸みのある形でゆったりと泳ぐ「琉金型」「ランチュウ型」「オランダ獅子頭型」です。また、金魚の特徴のひとつが尾びれの美しさ。フナと同じ形の「フナ尾」、フナ尾が長く伸びた「フキナガシ尾」。尾が開いているものにはその形状によって「三つ尾」「サクラ尾」「四つ尾」「クジャク尾」「反転尾」などがあります。そして、金魚たちの美しさ、かわいらしさを堪能するため、「横見」「上見」など眺め方にもこだわりがありました。「横見」は金魚を横から眺め、「上見」は上から眺めて楽しみます。でも、かわいらしく泳いでいる姿が一番楽しみです。

          
0

世界キャラクターサミットin羽生 カウントダウンイベント

 8月25日(土)、羽生市のイオンモールで世界キャラクターサミットin羽生ダウンイベントがおこなわれました。このイベントに北は北海道、南は九州まで約50のキャラクターが参加しました。
 本校では、会を盛り上げるべく、ボランティアとして多くの生徒・職員が参加し、キャラクターの手を引いたり、お客様と交流したりと1日がんばりました。本番のサミットは11月下旬におこなわれます。

 
0

ヒマワリ

 そろそろ花の盛りが過ぎた感のあるヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草です。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、ヒュウガアオイ(向日葵)、サンフラワー(英:Sunflower)、ソレイユ(仏:Soleil)とも呼ばれます。種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培されます。また、ヒマワリは夏の季語でもあります。花言葉は「私はあなただけを見つめる」。原産地は北アメリカで、高さ3mくらいまで生長し、夏から秋にかなり大きな黄色の花を咲かせます。和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ると言われたことから。但し、この動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけです。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向きます。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向きます。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなります。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず、夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動きません。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはなりません。紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていました。1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始しました。マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名です。ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、17世紀になってフランス、次にロシアに伝わりました。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められました。日本には17世紀に伝来しています。種は絞って搾油され、ヒマワリ油として利用されます。ヒマワリ油には不飽和脂肪酸が多く含まれ、煎って食用とすることができます。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。また、ペット(ハムスター、小鳥など)の餌に利用されます。ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められています。

 
 
0