校長室日誌

2017年8月の記事一覧

素麺(そうめん)

 食欲が下がるこの暑い時期、するするっと喉をとおってくれるのが素麺です。素麺(索麺、そうめん)は、小麦粉を原料とした日本および東アジアの麺のひとつです。主に乾麺として流通するため、市場で通年入手できますが、冷やして食することが多く、清涼感を求めて夏の麺料理として食するのが一般的です。奈良県桜井市三輪地区で生産される三輪素麺は、最も素麺作りの歴史が長く、全国に分布する素麺産地の源流はほとんどが三輪からであり、古く素麺の相場は三輪で決められていました。天保年間に書かれた「鹿児島風流(ぶり)」という旅行記には「夏は素麺流しとして、水上より素麺を流し、下にてすくい食う。石の上の酒宴、甚だ興あり。最も紅葉の名所なり。」と書かれており、竹製の樋(とい)を使って素麺を流し、箸で捕まえてめんつゆ等に付けて食べる流し素麺は夏の風物詩とされています。宮崎県の高千穂峡が商業化として発祥であるとされています。
 素麺は祝い事や忌み事の席で食べられる例が多く、祝食としては、長崎県の壱岐を中心とした九州地方で食べられる鯛素麺や広島県の婚礼に供される「鯛麺」、滋賀県の長浜市を中心とした湖北地方で食べられる焼鯖素麺が有名です。他に禅宗寺院では「祝麺」と呼んで祝い事の昼食に素麺を食べる習慣があります。忌み事としては、通夜ふるまいや法事の斎席で「にゅうめん」が出される地方が見られます。盂蘭盆会の精霊膳やえびす講の供膳にそうめんを供する習慣は全国に見られ、祖霊や神仏に供えられると共に親類縁者が集まって食べる例が多いです。仙台市などでは七夕に魔除けや子供の健康を願って素麺を食べる習慣がありますが、これは、幼くして死んだ子供が幽鬼となって疫病を流行らせたので、生前好物だった索餅を供えて供養したところ災厄が治まったという中国の故事に由来しています。
 しっかりと食べて、夏バテをなくしましょう!
 
 
0

農業クラブ フラワーアレンジメント大会で活躍!

 8月28日(月)、鳩ヶ谷高校で埼玉県学校農業クラブ連盟フラワーアレンジメント競技会県大会が開催されました。今年度の県農業クラブ競技大会の最後の大会となります。この大会では本校の生徒は昨年度までも常に上位に入り、全国大会に出場しています。今年度は3年生の飯嶋さん、2年生の飯島さん、小川さんの3名が参加し、日頃の努力を花開かせる機会です。午前中はスパイラルとリボン、午後はラウンドアレンジの競技がおこなわれ、最終的に1位が飯島さん、2位小川さん、3位飯島さんと上位を独占しました。1学期から夏休みにかけて努力した成果が十二分に発揮でき、3人とも感動していたようです。全国大会には上位2人が出場します。全国でもがんばってもらえればと思います。
 
   諸注意をよく聞いて         競技開始!
 
   午前中の作品です        午後の競技開始!
 
   最後まで集中して       会心の作品ができました
0

PTA全国大会に参加しました。

 8月24日(木)、25日(金)に、第67回全国高等学校PTA連合会大会静岡大会が静岡県袋井市を中心に開催され、参加をしました。24日は会場の袋井市のエコパアリーナで開会式がおこなわれ、静岡大学名誉教授の小和田哲男さんが「戦国武将に学ぶ子育てと人づくり」と題して、戦国武将のエピソードを交えながら今にも通じる子育てのヒントを講演していただきました。その後、会場を静岡市の文化会館に移動して「有徳の人を育てる「命を守る教育」の推進」のテーマで、4つの高校の実践発表がありました。
 25日は再び会場を袋井市のエコパアリーナに移して、俳優の筧利夫さんの「これがオレの生きザマだ」というテーマでトークショーがあり、ざっくばらんで豪快な生き方に多くの人が感動を覚えました。暑くて、移動が多く疲れもありましたが、貴重な経験をすることができました。
 
 
0

世界キャラクターサミットin羽生カウントダウンイベントに参加

 8月19日(土)、羽生市のイオンモール羽生で世界キャラクターサミットin羽生ダウンイベントがイオンモール羽生にて行われました。このイベントに北は北海道、南は九州まで約50のキャラクターが参加しました。本校では、キャラクターのアテンドとフラワーアレンジ体験に関わり、生徒・職員延べ約50名が参加しました。多くの方々が会場に足を運んでくれました。羽実を紹介するステージが10分間用意され、羽実の魅力をアピールしました。お疲れさまでした。本番のサミットは11月25、26日におこなわれます。

またこの度、世界キャラクターサミットin羽生がCOOL JAPAN AWARD2017 特別表彰授与が決定しました。この受賞は、自治体として地域活性化を主軸に、羽生市と地域の方々、地元高校生である羽生実業高校の生徒などの協力により7年間開催し続け、かつ地元に愛され、多くの観客が来場するイベントであることから表彰されました。

COOL JAPAN AWARDとは、世界各国の100人の外国人審査員が選定し、世界が共感する“クールジャパンを発掘・認定しています。日本のポテンシャルを引き出し、日本の力強い成長に寄与することを目的に、20156月、第1回目となる「COOL JAPAN AWARD2015」を開催し、スカイツリーのライティングデザインや昭和の町並みなどが表彰され、本年度で第2回目の開催です。受賞対象者は、プロダクトを中心とした「モノ」から、まちづくり・文化といった「コト」まで多岐に及び、総合的なデザイン評価・推奨により、受賞者が事業の海外展開・地域のインバウンド戦略に当アワードを役立てることが出来ます。

本校も表彰されるにあたって貢献することが出来たことを大変光栄に思います。今後の活躍も楽しみにしています。

 
 
 

0

がんばろう!東北

 昨日、宮城県の南三陸町と女川町に行ってきました。両町は6年前の東日本大震災で津波による打撃を受け、多くの人々の命が奪われ、生活の基盤に大打撃を受けたことはよく知られています。
 この日はあいにくの雨模様で、まだ震災の影響で工事や修理をしているところもありましたが、女川駅前の商店街はきれいに再興され、輝いていました。高校野球でも、岩手県代表の盛岡打大付属高校や宮城県代表の仙台育英高校、福島県代表の聖光高校ががんばって勝ち進んでいます。私たちを含めて、何ごとにも前向きにがんばっていきましょう!
 
 
0