校長日誌

2016年5月の記事一覧

羽生市内 3中学校 体育祭

 5月28日(土)、羽生市内3中学校の体育祭が行われました。

 

 晴れすぎず、雨が降らずと、体育祭を行う上では、とても実施しやすい天気だったと思います。

 

 それぞれの中学校のスローガンは以下のとおりです。

西中 「はじけろ青春! みんながヒーロー!! ~勝利への道を駆け抜けろ~」

南中 「走れ! つなげ! 南中生!! ~勝利の先の輝く笑顔~」

東中 「~Over the Top!!~ 仲間と共に燃やした闘志は勝者の証」

 

 どの学校でも生徒の皆さんは、必死に、真剣に競技に熱中し、勝ったときには、仲間とともに大きな声で喜びを分かち合っていました。

 

 保護者の方のみならず大勢の方々が応援に駆け付けて、大会を盛り上げていました。

 

 生徒の皆さんから、元気をたくさんいただきました。

0

遠足

 本日、各学年ともに遠足を実施しました。

 

 行き先に関しては、次のとおりです。

1年生 群馬県沼田市  原田農園 吹割の滝

2年生 東京方面 A 渋谷・原宿      B 上野・秋葉原

         C 浅草・スカイツリー  D 新宿・池袋

3年生 東京ディズニーシー

 

 今回は、クラスの親睦を図り、望ましい人間関係を築く、新たな人間関係の形成を図ることをねらいとしています。2年生に関しては、修学旅行の予行練習等も兼ねています。

 

 それぞれ、よい思い出を作ることができたようです。今後の学校生活にいかして欲しいと思います。

0

生徒総会 ウエイトリフティング部 表彰 及び 関東大会壮行会

 5月19日(木)、生徒総会と関東大会の壮行会が行われました。

 

 

 総会では、平成27年度の事業報告、決算報告、監査報告が行われ、平成28年度の事業計画と予算案が承認されました。

 

 その後、本部役員の紹介がありました。

 会長、副会長(2名)、監査委員長、企画、会計、事業(3年生2名、2年生2名)担当者です。

 

 

 事業計画の中で、1つ紹介すると、例年5月30日には、「ゴミゼロ運動」ということで、有志を募り、学校内はもちろん校外の清掃もします。近隣の方々への日頃の感謝の気持ちを込めて、是非多くの人に参加してほしいと思います。

 

 生徒総会の後には、ウエイトリフティング部の個人での表彰及び団体での総合優勝の表彰を行い、栄光を讃えるとともに、壮行会を開いて、激励しました。関東大会は東京都で行われます。活躍を期待したいと思います。

0

危険物取扱者(乙種第4類)試験向け補習 開始

 本校は専門高校ですので、各種の資格取得を目指して、取り組んでいます。

 

 5月17日(火)、4号館2階では、危険物取扱者(乙種第4類)試験の補習を行っていました。この資格は、ガソリン、軽油、灯油などの危険物を取り扱う際に必要となる国家資格です。

 

 試験が7月31日(日)に実施されるために、補習は5月16日(月)から7月30日(土)までの2か月半の長期にわたり、55回も、毎朝7:40~8:10に実施される予定です。

 

 早朝にも関わらず、中村健司先生の授業に農業系1,2年生の生徒さんは真剣に聞き入ってました。

 

 昨年度この試験の全国合格率は29.4%でしたが、本校では、それを5ポイント以上上回る35%でした。今回受験する皆さんの願いがかなうことを祈っています。

0

農業経済科 サツマイモの苗の定植 とね会保育園との交流

 5月16日(月)、農業経済科3年環境資源コースの生徒は、「グリーンライフ」の授業の一環として、近くにあるとねの会保育園に出向き、サツマイモの苗を定植しました。

 

 

 今回のサツマイモの定植作業では、雑草の発生を抑える等の理由からマルチ栽培としました。マルチ栽培とは、ビニールなどで覆って栽培する方法で、雑草の発生を抑えられる利点があります。

 

 

 今回は、特に環境に配慮した生分解マルチを使用しました。これは、土壌中の微生物により、水と二酸化炭素に完全に分解されます。そのため、収穫後に、片付けをすることなく、そのまますき込めるので作業の効率化を図ることができます。

 

 保育園児の皆さんは、男の子も女の子も、本校の生徒に教わりながら、楽しそうにサツマイモを定植していました。10月上旬頃には収穫できる予定です。楽しみです。

 

 参考までに、今回の作業中の様子の他に、2月下旬に植えたジャガイモと5月初旬に植えたナスの様子も写真に撮りました。

0

コンピュータ部

 先日、コンピュータ部のアルバム撮影を行いました。

 

 コンピュータ部は情報処理棟の1Fで毎日活動しています。新入生も新たに加わり、3年生、2年生の指導の下に、1年生が上級生に追いつこうと必死に頑張っています。

 

 担当の新井先生に聞きました。

「コンピュータ部は主に情報処理検定やビジネス文書検定などの検定試験の合格を目指して皆で取り組んでいます。

 

 また、依頼があれば、市民講座など、一般の市民方々にもコンピュータの操作などをお教えしています。ご希望があればいつでも御相談ください」と話していました。

 

 コンピュータ部の活躍を期待しています。

0

18歳、19歳 世論調査 参院選

 御存知のように今年の夏の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられます。

 

 これに伴い、新聞各紙は世論調査を実施しました。

 

 読売新聞によれば、18歳、19歳で参院選に「関心がある」は、「ある程度」と合わせて37%にとどまり、成人の66%を大きく下回りました。

 

 朝日新聞では、「関心がある」と答えた人は、「大いに」9%と「ある程度」30%を合わせて39%と、読売新聞の結果とほぼ同じような結果となりました。

 

 重視したい争点としては、読売新聞では、18歳、19歳が「景気と雇用」で、成人が「医療や年金など社会保障」がトップとなりました。

 

 実際に投票にいくかどうかについては、「多分行く」も含めて、18歳、19歳が66%、成人が86%となり、ここでも成人より低い実態が浮き彫りとなりました。

 

 ただし、家族と政治の話をすると答えた18歳、19歳は、「関心がある」については、全体より21%高く、「投票に行く」については、13%高い結果となりました。

 

 これにより政治的関心を高めるためには、身近な大人の役割が大きいことがわかりました。

 

 さて、皆さんは、この結果をどのように受け止めましたか?

 

                  読売新聞  朝日新聞 参照

0

授業見学 数学B 農業と環境 世界史 生活とデザイン

 5月16日(月)、17日(火)、いくつかの授業を見せてもらいました。

 

 情報処理科3年生の「数学B」の授業は、3か所に分かれ、等比数列について授業を行いました。先生方の細かい説明に頷きながら、練習問題では、例を参考にして解いていました。

 

 

 園芸科、農業経済科1年生対象の「農業と環境」の授業は、4号館2階の農業基礎室で、トウモロコシとダイコンなどの播種(はしゅ)について学習しました。

 

 

 また、商業科2年生「世界史」の授業では、中国史について授業が行われ、生徒は、中国とその周辺地域との関わりについて、朝貢(ちょうこう)、冊封(さくほう)の観点から学習しました。

 

 

 どの授業も生徒の皆さんは真剣に先生の話を聞き、質問に答え、ノートをとったり、プリントに書き込んだりしながら、授業に取り組んでいました。

 

 また、農業経済科3年生の「生活デザイン」食品調理コースの授業では、フルーツタルトをつくりました。非常に美味しそうにできあがりました。記念に、完成した美味しそうなタルトとつくった班の生徒さんの写真を撮りました。

 

 

  生徒の皆さんは「カスタードクリームも上手にできました。イチゴもおいしい!」と言って幸せそうに食べていました。

0

クラス掲示

 クラスのディスプレイは、クラスの生徒に様々な形で、いろいろなことを働きかけます。

 

 先日、3年生の園芸科のクラスを見たら、「卒業まであと何日」、「今日は何の日」と一日一日ごとに書かれたカレンダーが掲示してありました。

                                                              

 朝の早い時間でしたが、登校したそのクラスの男子生徒(バスケット部部長)に聞いたところ、4月の最初の日に皆に配られて、皆で一人一枚作成したと話していました。

 

 高校ではあまりこうしたことはしないのが普通ですので、担任の中村先生の生徒の皆さんへの「思い」を感じました。

 

 また、就職に向けて進路指導の一環として、履歴書写真についての注意事項のポスターが掲示してありました。3年生はあとわずかで就職戦線が始まります。気持ちや方向性も含めて早めに準備してほしいと思います。

 

 いずれにしても、その日から卒業まで、141日と書いてありました。充実した、141日であることを祈っています。

0

マンゲツモチ 田植えに向けて 農業経済科

 農業経済科 2年生 環境資源コースでは、5月11日総合実習(低農薬栽培)の時間の時間に、また1年生は、5月9日、10日の「農業と環境」の時間に、稲の種まきを行いました。

 

               「倍土を詰める」

 品種は「マンゲツモチ」というもち米です。 

 
1年生は一箱に220粒の種を一粒、一粒丁寧に蒔きました。慣れない作業ながら、みな真剣に取り組んでいました。

    「灌水をする」       


 2年生は例年どおり一箱に約200グラムの種を「ばらまき」にしました。

 
     「一粒蒔き」


 これから約30日間育苗し、6月10日頃田植えをする予定です。楽しみです。

 
      「ばらまき」


       「覆土をする」


0