女子ソフトボール部

2019年3月の記事一覧

NEW 東部春季研修大会 2日目

 2019年3月29日
 本日、2日目の研修大会が実施されました。対戦校は、東部合同チーム(松伏、越総、八潮、白岡、庄和)、2戦目は春日部女子高校でした。
 初戦は、先発吉羽でしたがコントロールが乱れる立ち上がりでしたが、打線が援護し、2回表に太幡のライト前ヒットで出塁すると、続く小髙のセフティー、似内のセンター前ヒット、前田のレフト前ヒットと打線が爆発し1点先取しました。続く3回も山崎の四球からの盗塁、高沢のセンターオーバーと1点を取りました。ただ守備で内野のミスが連発し大量得点を許してしまいました。よく攻撃したり声を出して守ったりしましたが、やはり判断ミスや内野陣が申し少し勉強しないといけない内容でした。
 2試合目も先発吉羽でしたが、やはり春日部女子の上位打線は、一味違いました。吉羽のボールを良く見極めタイミングをしっかりとってくるあたりレベルの高さを感じました。ただ本校は、3回裏に対戦校から1点取ることができました。山崎のセフティーで精一杯の走りとヘッドスライディングで出塁→吉羽のエンドラン→高沢の左中間エンタイトルツ-ベースで1点取りました。このみんなでとった今回の点数は、この9人でとった点です。本当に助っ人の選手たちにも感謝しています。ありがとうございました。それから毎度のことながら、応援に来てくださった保護者の皆さま方におかれましても、遠方からはるばるありがとうございました!

 選手たちも保護者の皆さまからの応援でパワーをもらっているはずです。4月20日には、もう新入生を連れて、学校総合体育大会関東予選が始まります。絶対に勝ちに行くので引き続き応援よろしくお願いいたします。それから入学許可候補者の女子生徒で何か新しくスポーツを始めたい、もしくは何か3年間熱い事をやりたい生徒たちは、ぜひソフトボール部でお待ちしております。
*結果は以下の通りです。
対 東部連合   
3 対 11 敗戦
対 春日部女子  
1(2)対 16 敗戦


★2試合で174球の奮闘をしたエース吉羽投手
0

晴れ 東部春季研修大会 1日目

 2019年3月25日
 本日、晴天に恵まれる中、越谷南高校で春季研修大会のリーグ戦が実施されました。本校は、助っ人を含めた10名で挑みました。本校の今回の大会に対する目標は、ただ一つです。それは・・・ 「自分たちが練習してきた内容を試合で出すこと」 です。そんなことは、当たり前だろうと思う方もいらっしゃいますでしょうが、案外当たり前のことを当たり前にやるって難しいと思います。例えば、1アウトランナー3塁でチェックファーストを本校では、何度も何度も反復練習していますが試合であまりできた経験はありません。それを目標に今回挑んだわけです。様々な学校さんと試合を重ねていろいろな技術面や精神面を学んできた結果、今大会で身を少し結びました。昨年の夏の予選で同じ相手と対戦してきた本校ですが、明らかに成長しました。
 褒めるとすれば、澁澤の1アウトランナー3塁でチェックファーストが上手くできたり、吉羽の2試合をしっかりとした制球で投げぬけたことは、非常に大きな進歩だと感じました。

★越谷北打線を初回裏1失点の好投の吉羽⚾
ただ反省点は、数え切れないほどまだまだたくさんあります。まだ28日に2日目が残っていますので、一生懸命頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします。本日は、遠方からはるばるお越しくださった保護者の皆さまご声援ありがとうございました。
★結果は、以下の通りです。
VS 越谷北高校 0対10 敗戦
VS 越谷南高校 0対20 敗戦
0

晴れ Welcome to Softball Club

 2019年3月19日
 みなさんこんにちは!ソフトボール部顧問の石川です。3月8日金曜日に入学許可候補者が発表されました。入学許可候補者の中には、色々な期待や希望をもって、羽生実業高校に入学される方が多いのではないかと思います。新しく何か面白いモノを見つけたい、そんな生徒さんがもしいらっしゃれば、ソフトボールで3年間青春を過ごしませんか?ぜひ経験者、初心者をお待ちしております。ちなみに本校部活動は全員初心者から始めました。

*部員 作
0

ほくそ笑む・ニヤリ 週末の羽実

 2019年3月17,18日
 週末、土曜日に加須北中学校と練習&練習試合を行いました。本校での合同練習にて部員たちによるアドバイス、指導等を行いました。

 今回のこの練習を通して、コミュニケーションを取ることの重要性、モノを伝えることの難しさを知ることができました。
 また、練習試合も実践し、投手の吉羽は、非公式ながら初のノーヒットノーラン完封勝利をしました。来週の大会に向けて調整をしてもらいたいです。


 また、日曜日には、埼玉RAPIDとの合同練習&練習試合を行いました。いつも大変お世話になっているこのチームですが、ソフトボールをやる上で非常に理にかなった練習をしていて、大変参考になった一日となりました。特に、私が着目した点は「アップ」!よくアップでその日のすべてが決まると言います。そのアップを時間をかけて、「姿勢」を作りながら実施する三ツ木監督から大変参考になる意見、アドバイス等をいただきました。今後の羽生実業高校には絶対に必要不可欠な事項なので取り入れていきたいと思います。

スナップ+姿勢+体重移動


 2日連続の先発の吉羽:課題は、コーナーを投げ分ける制球力になりそうだ

この練習試合では、特に内野陣の連係ミスが目立った。そして何より課題となったのは、ボールへの反応の鈍さです。←これは、やはりすべて「姿勢」の悪さから来ることなので、気を付けてやっていきたいと思います。良かった点は、山崎がエンドランでしっかりと1点先取できた点でした。
0

雨 RAPIDさんと合同練習

 2019年3月3日
 本日、雨天の中、行田のRAPIDさんと合同練習を実施しました。久しぶりにRAPIDさんと練習をしましたが、やはり基礎についてしっかりと固めている・・・そんな印象でした。強豪中学生の胸を借りて、実践の打撃練習と守備練習を行いましたが、今月の大会に向けてものすごくいい練習になったのではないかと思います。女子バスケットボール部の助っ人も借り、一生懸命取り組んでくれました。


 なかなかランナーを置いたスクイズ、エンドランの練習や守備面での投球練習、バント処理を徹底してやれたと思います。しかし、1点を取ることに対しての責任を負えない部員がまだまだ多くいるようで、しっかりと自分のやるべき仕事・・・どうしたらその球に対して当てたり、叩けたりできるのか学んでいってほしいと感じさせられる一日でした。
 
★吉羽のピッチング(投球数 約100球)

★打者が打席に入った時のコントロールが課題 投手 山崎
0