2012年10月の記事一覧

農場便り24-13

10/6(土)農業カルチャー講座(小中学生対象)「うどん作り」が開かれました。
 
参加者数:12人
 講座担当の先生が、前日生地をこね、寝かせて(熟成)おきました。その生地を使って、麺棒(めんぼう)で伸ばし、包丁で切り分けました。麺をゆでてその場で試食です。釜ゆでうどんの出来上がり。
 
 前回の答え・・「草を浮き上がらせて除きます」でした。
 参考までに、田こすりの写真を載せました。稲のうねとうねの間にこの器具を入れ、押して、引いて、また押すと、田こすりの爪によって草の根が分断されて浮かび上がってきます。この動作を繰り返しながら前進します。除草剤に代わる安全・安心な「お米」を作るための作業ですが、重労働です。
 
 中学生の皆さん問題です・・うどんの原料は、「小麦粉と塩」です。小麦粉は含まれるタンパク質(主にグリアジン、グルテニン)の割合と形成されるグルテンの性質によって①薄力粉、②中力粉、③強力粉に分類されます。うどん作りに向いている小麦粉は、何番でしょうか?