校長室

1学期終業式

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策が行われる中ですが、本日、無事に1学期の終業式を行うことができました。 今年度、全校生徒に対して行う初めての校長講話でしたので、次の2点をテーマとしました。

1点目は、授業観察について

〇1学期に、1年生4クラス、2年生4クラス、3年生3クラスの合計11クラスを見たこと。

〇各学年、どのクラスも、授業規律が整っている印象を持ったこと。

〇本校の教職員は、生徒に高校生として必要な基礎的学力を身に付けたいと思い授業を行っている。高校生として必要な基礎的学力は、教職員の取組に加え、生徒自らもしっかり学習に取り組むことが重要であること。

を伝えました。

 2点目は、産業人としての生き方について

〇本校の教育活動は「社会に有為な産業人の育成」を目指して行われていること。

〇社会に有為な産業人とは、自分が幸せになると同時に他の人も幸せにしたいという使命感と情熱をもって仕事に取り組み、それを実行し続ける人であること。

〇在学中は、自分を幸せに、そして、周りの人も幸せにする心遣いや行動、さらに、何事もあきらめないで挑戦し続けることを意識して生活すること。

を伝えました。