平成29年度~校長室

羽生市観光協会による授業

 本日3・4限、農業経済科2年5組環境資源コースの授業で、産業教育イノベーション事業の一環で地元羽生市観光協会の澤田理事長様、白川様、谷口様を講師にお招きして、「羽生市観光・地域創造の歴史と展望」と題して、羽生市のキャラクターを活用して地域活性化の状況について指導していただきました。埼玉県は東京都に近いこともあり、地域のPRなどさまざまな面で全国下位に低迷しています。人口の減少が始まり、先行き不透明な中で地域の生き残りをかけて行動していくことはとても重要です。羽生市は埼玉県の北東部の田園地域にあり、地域の特色は?、売りのポイントは? と聞かれると窮することもありました。そのような中で、地域のPRできるものを生み出そう、ないならつくろうと、羽生市の観光協会と役所が協力して「ムジナもん」をはじめ、地元に根づいたキャラクターを創造し、キャラクターサミットや動画配信などさまざまな機会を活用して、羽生市を知ってもらう機会を広めています。本校の生徒の羽生市で開催されるさまざまなイベントに、ボランティアとして参加しており、生徒たちは熱心に話や動画に耳や目を傾けていました。羽生市の活性化に生徒たちが貢献し、地元が活性化されることを期待します。