平成29年度~校長室

自転車安全運転伝達講習会

 本日4時間目、自転車安全運転伝達講習会をおこないました。これは埼玉県が高校生の自転車のマナーアップのため毎年おこなっているもので、参加した生徒たちがそれぞれの高校で全校生徒にその内容を還元するものです。参加した3年生からは、自転車は軽車両という車両であり、交通ルールに従って乗車しなければならないこと、全国では1日当たり約34人、埼玉県では約3人が自転車事故で死傷していること、事故が起こると被害側にも加害側にも精神的、経済的、金銭的な負担がかかること、交通事故防止のためルールやマナーを守ることの大切さや思いやり、周囲に気遣った安全運転を心がけることなどが伝えられました。併せて、事故の損害賠償額が1億円に近い事例もあるので、自転車保険に加入するほうがよいことも報告されました。先日もスマフォを見ながら自転車に乗っていた大学生が女性と衝突し、女性が亡くなった痛ましい事故がありました。安全運転に十二分に注意するよう心掛けていきたいです。