平成29年度~校長室

きゅうり(胡瓜)

 スーパーなどで1年中野菜売り場で販売されるきゅうり。きゅうりの呼称は、漢字で「木瓜」または「黄瓜」(きうり、現代中国語でも「黄瓜」)と書いていたことに由来します。きゅうりは古くから食用の野菜として栽培されてきています。果実成分の95%程度が水分とされ栄養価は低いですが、歯ごたえのある食感とすっきりとした味わいがあります。水分を多く含むことから、暑い地方では水分補給用として重用されてきました。紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されており、インド、ギリシア、エジプトなどでも栽培されました。その後、6世紀に中国、9世紀にフランス、14世紀にイングランド、16世紀にドイツと伝播していきました。アメリカには15世紀末コロンブスがハイチに持ちこんだのを端緒に普及していきました。キュウリを好物とした歴史上の有名人としてローマ皇帝ティベリウスがいます。中国ではかつて、ビルマ経由で伝来した水分の少ない南伝種が普及し、シルクロード経由の瑞々しい北伝種の伝来まで、この南伝種を完熟させてから食べるのが一般的でした。後に南伝種は漬物や酢の物に、北伝種は生食に使い分けられることになります。南伝種の伝来後、日本でも江戸時代までは主に完熟させてから食べていたため、黄瓜と呼ばれるようになりました。日本では1500年ほどの栽培の歴史を持ちますが、完熟した後のきゅうりは苦味が強くなり、徳川光圀は「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず」、貝原益軒は「これ瓜類の下品なり。味良からず、かつ小毒あり」と、はっきり不味いと書いているように、江戸時代末期まで人気がある野菜ではありませんでした。これには、戦国期の医学者曲直瀬道三の『宣禁本草』などに書かれたキュウリの有毒性に関する記述の影響があると見られています。イエズス会宣教師のルイス・フロイスは著書『日欧文化比較』で「日本人はすべての果物は未熟のまま食べ、胡瓜だけはすっかり黄色になった、熟したものを食べる」と分析しています。幕末、キュウリの産地だった砂村(現在の江東区)で、キュウリの品種改良が行われ、成長が早く、歯ごたえがよく、味も良いきゅうりが出来て一気に人気となりました。きゅうりは全体の90%以上が水分で、ビタミンC、カロチン、カリウムなどの栄養素が含まれていますが、含有量は非常に低い水準です。かつて、きゅうりはデザイナーフーズ計画のピラミッドで3群に属しており、3群の中でも、ハッカ、オレガノ、タイム、アサツキとともに3群の中位に属しますが、癌予防効果のある食材であると位置づけられていました。生のまま、味噌やもろみをつけて齧ったり、サラダ、寿司(かっぱ巻き)、酢の物、和え物、塩揉みなどで供されるほか、かっぱ漬け、奈良漬け、醤油漬け、わさび漬け、ピクルス、オイキムチなどの漬物の材料として使われます。日本の料理で加熱調理されることは少ないですが、中華では煮物や炒め物としても利用されます。トルコ料理のシャジュク、スペイン料理のガスパチョなど、スープにして食することも多いです。また、実が小さいうちに収穫したものを「もろきゅう」といい、主に生で食べます。さらに未熟で花の付いた物は「花丸きゅうり」と呼びます。ただし、地域によって呼び方や規格が異なることがあります。