平成29年度~校長室

海水浴

 暑い夏の時期、各地の海辺では海水浴に多くの人が訪れます。海水浴は夏のレジャーの1つで、海岸へ赴いて水着を着用して、スイカ割や日焼け、水泳等をおこなうのが一般的です。海水浴の歴史は17世紀のヨーロッパに遡りますが、18世紀後半から一般的になりました。当初は温泉浴と同様に、健康の維持と回復のためのものとして処方されて出かけるようなものでした。日本における近代海水浴は、明治時代、ジェームス・カーティス・ヘボンにより健康増進目的に奨励され、京浜地区の海岸では扇島、新子安、本牧をはじめとして海水浴場が次第に増え、戦後昭和の工業化による埋め立てが行われるまで海水浴客で栄えました。その後、時代の変遷とともに20世紀中頃からは水着用の特殊な生地が開発されたり、ビキニ、セパレーツ、Tバックなどの水着の流行を経て、今日に至っています。海水浴に適した砂浜の海岸は、海水浴場として整備されることが多く、日本では明治に陸軍軍医の松本良順が奨励をおこないました。 海水浴の際の履物としてビーチサンダルがあります。海でも傷まず、足を洗うときが楽であるため、必需品とされています。裸足で過ごしてもかまいませんが、気軽に履いたり脱いだりできることや、足を危険物から守るため、重要です。 また、夏の海岸線は紫外線が強く、日焼け止めの用意は大切です。ビーチで飲酒する場合は水分補給を忘れずに行い、飲酒後の海水浴は厳禁です。入れ墨、タツゥーなど、他の海水浴客に威圧感を与えるものは露出禁止となっている海水浴場もあります。