平成29年度~校長室

和食の基本・一汁三菜

 コンビニでのお手軽な軽食が便利でよく利用する人が多いと思いますが、日本人ならば和食の習慣を大切にしたいものです。和食が栄養バランスのある健康食として世界で評価され、注目されていることは知っていますよね? 和食の基本はご飯に汁もの、おかず3種(主菜1品、副菜2品)で構成されています。ここ数10年、スローフード(その土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動、またはその食品自体)やロハス(健康で持続可能な、またこれを重視する生活様式)が注目されるようになり、改めて見直されています。
和食の基本の一汁三菜は、
主食:ご飯、汁物:味噌汁など
主菜:魚などの焼き物、煮物、副菜:野菜の煮物や和え物、
副々菜:煮豆、漬物などで、合計で4品になりますが、「四」は「死」と同じ音で忌み嫌われているため「1+3」の一汁三菜という呼び名になっているようです。 
 また、和食の基本の5つの調味料は「さしすせそ」で表されます。さ:砂糖、し:塩、す:酢、せ:醤油(昔は「せうゆ」と書いて「しょうゆ」と読みました)、そ:味噌で、この順番に味付けをするといいと言われています。砂糖は他の調味料に比べて分子が大きく、味が浸透しにくいため最初に加えます。塩は砂糖より早くしみ込み、材料を引き締める働きがあるので塩を先に入れると逆に材料に味がしみ込みにくくなります。酢、醤油、味噌は揮発性香気成分を含むため、長く煮ると香りがとんでしまうので、 最後に入れるのがコツです。皆さんも家で和食を楽しんでください。