平成29年度~校長室

AED講習会

 本日、AED講習会を午後2時より格技場1階の柔道場でおこない、本校職員、運動部の生徒、PTAの方々約50名が参加しました。講師は羽生消防署の方々です。AEDとは自動体外式除細動器のことで、心室細動を起こした人に電気ショックを与えることで正常なリズムに戻すための医療機器です。心室細動を起こした心臓は、ポンプとしての機能を失い、脳や身体に血液を送ることができなくなります。そのため脳や体内に酸素が供給されなくなり、やがては心臓が完全に停止して死に至ります。心室細動を起こした場合、唯一の治療方法が電気ショックを与え、心臓のリズムを正常に戻すことです。処置が1分遅れるごとに10%ずつ救命率が低下すると言われているので、できるだけ早く電気ショックを行うことで救命率も、その後の社会復帰率も向上します。AEDの使用は、2004年7月から一般市民でも使用できるようになりました。同時に普及にも力が入れられ、現在では空港や駅、学校、公共施設、企業など人が多く集まるところを中心に約20万台が設置されています。機種によって操作に多少の違いはありますが、初めての人でも簡単に使用できるように音声が使い方を指示する仕組みになっていますが、緊急の場合に冷静に対応することは難しいので講習会を開きました。
 初めてAEDを扱う方も多く、不安を持っていたようですが、消防所の方のていねいな説明と適切な指導でみな積極的に参加し、実りのある講習となりました。特に重要なのは、AEDを使うことよりも心肺蘇生(胸骨圧迫)をしっかりとおこなうことだと再確認しました。
 AEDを使う場面は起こってほしくないですが、まさかのための対応は必要だと改めて思いました。
 
   心肺蘇生とは・・・       消防所の方の実演
 
   生徒も保護者もチャレンジ! 力の入れ方が難しい!