平成29年度~校長室

チューリップ

 チューリップ(英語: tulip)はユリ科チューリップ属の植物で、球根が出来ます。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレと呼ばれます。アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産です。チューリップには多様な園芸品種が存在します。外観は、花弁の先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもあります。咲き方は一重から八重で、一つの球根から複数の花がつくもの、すぼまった状態で開花するものや花弁が外側へ反り返り全開して開花するものなど多様です。花色も青以外の赤・黄・オレンジ・白・緑・紫などの単色や複数の色のものなど、数百品種のチューリップが存在します。青バラと同様に多くの育種家によって青いチューリップの開発が進められていますが、花弁全体が青い品種は発表されていません。他のユリ科の植物と同様、両性花であり、雌雄異熟によって自家受粉を防いでいます。人気のある花だけに花形・花色・草姿・葉の模様・ブルームの有無・香り・早晩性・耐暑性・耐湿性・多花性・繁殖力、切花では切花寿命・無花粉化・花茎の硬さなど改良されるべき性質が多く、特に日本の高温多湿に強い品種が望まれます。古くは、オスマン帝国でもてはやされ、オーストリアの大使によって初めてヨーロッパに伝わりました。この伝来のときに誤ってチュルバン(tülbend, ターバン)と伝わったために現在のチューリップという名が生まれました。後、オランダのライデン植物園でチューリップを栽培したところ評判となりました。オランダではチューリップ狂時代をはじめ、幾度と歴史上にチューリップが登場することとなりました。16世紀末にはイギリスでも栽培が始まり、カーネーションやオーリキュラ と共に早くから育種が進みました。19世紀には多数の品種が生まれ、現在でもいくつかが栽培されています。日本には、江戸時代後期に伝来しましたが普及するに至らず、大正時代に入って、ようやく新潟市小合村で本格的な球根栽培が始まりました。このことから、新潟地域の栽培農家は新潟が「日本チューリップ発祥の地」と自負しており、道の駅花夢里にいつには記念碑が建てられています。1963年には新潟県の県花にも指定されました。一方、富山県では大正7年(1918年)に現在の砺波市で栽培されていたことから、少なくとも本格的な栽培は富山県が日本初となります。現在では長崎県のハウステンボスや三重県桑名市のなばなの里などで大規模なチューリップの花壇が見られます。