平成29年度~校長室

ツバメ

 ツバメは北半球の広い範囲で繁殖し、繁殖期になるとオスは「チュビチュビチュビチュルルルル。」と比較的大きなさえずり声で鳴きます。飛翔する昆虫などを空中で捕食し、また水面上を飛行しながら水を飲みます。寒さを避けるため、冬に南の台湾やフィリピン、マレーシアなどに向かいますが、一部日本国内で越冬する個体があり、しばしば「越冬ツバメ」と呼ばれます。ツバメは泥と枯草を唾液で固めて巣を造ります。民家の軒先など人が住む環境と同じ場所で繁殖する傾向が顕著です。これは、天敵であるカラスなどが近寄りにくいからだと考えられています。巣は通常は新しく作りますが、古い巣を修復して使用することもあります。産卵期は4~7月ごろで、1回に3~7個の卵を産み、主にメスが抱卵します。抱卵日数は13~17日で、その後の巣内での育雛日数は20~24日です。日本では、水稲栽培において穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、農村部を中心に大切に扱われてきました。江戸時代にはツバメの糞は雑草の駆除に役立つと考えられていました。「人が住む環境に営巣する」という習性から、地方によっては人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっています。また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、巣立っていった後の巣を大切に残しておくこともありました。諸事情により、最近はあまり見ることはできませんが、夏の到来を告げる風物詩と言えます。