平成29年度~校長室

終業式

 今日は1学期の終業式。校長が1学期を振り返っての講話をした後、教務部の長澤先生から1学期の成績等について、生徒指導部の網野先生から夏休みの生活等について話がありました。その後農業クラブ、陸上競技部、書道部の表彰をおこないました。
特に、陸上部競技部1年の阿南渉真君は北関東大会に出場する活躍を見せました。いよいよ明後日から夏休みが始まります。すべての生徒がこの夏休みを自らの力を伸ばす機会、自己・進路実現の機会としてもらうことを祈念します。
終業式での校長講話骨子:
   皆さん、おはようございます。早いもので今日は1学期の終業式です。長かったようで短いとも感じられたこの3カ月ほどの間、皆さんにはどんな時期だったでしょうか?
 社会に目を向ければ、いいなと思ったことで印象深いのは、時代が平成から昭和に代わり、新しい天皇が即位し、新天皇や雅子皇后の語学力が高く、国際感覚のある皇室のイメージが定着しつつあることがあげられます。ラグビーワールドカップや、来年の東京オリンピック・パラリンピックの開催も明るい話題です。選手たちも徐々に決まり、本番に向けて期待が高まります。サッカーの久保建英選手のリアル=マドリードへの移籍や、メジャーリーグの大谷翔平選手の活躍も明るい話題です。
 一方、暗い話題も多々あります。タレントの覚せい剤使用による逮捕や、芸人の反社会勢力との接触、引きこもり問題、衆議院議員による戦争誘発発言、隣の国韓国との解決の見えない政治的、経済的対立など、うんざりさせられることがかなりありました。その中でも反社会勢力のことが気になりました。反社会勢力とは「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して、経済的利益を追求する集団又は個人。」と定義されています。今回、振り込め詐欺集団のパーティーに参加した闇営業で解雇されたり、謹慎になった芸人が多数出ました。「知らないで参加した。」のなら、はっきりそう言えばいいし、知っていて参加したのなら処分は当然だと思います。
 皆さんも将来反社会勢力と遭遇することがあるかもしれません。振り込め詐欺などは身近な課題ですし、いつ皆さんの家庭にその連絡が来るかわかりません。そういうことが起こった場合、どう対処すればいいのでしょう? 反社会勢力は人の弱みにうまく入り込んでお金を巧みに請求するようです。また、反社会勢力とは先程話した経済的利益を求める存在ですが、「精神的・肉体的な苦痛を与える存在」と捉えれば、身の回りに見つけることが出来るのではないでしょうか? 皆さんも、今後多くの厳しい状況やつらい状況、楽しい状況などさまざまな場面に遭遇すると思います。そのような時にどう対応していくのか、先人の経験を見つめ、参考とし、友だちと協力して乗り越えていってもらえればと思いです。
 明後日から夏休みです。この42日間を有意義なものとするために、自分にとってプラスとなるように計画を立て、実行してください。そして、夢や希望の実現に向けて、力を入れ、大きく飛躍することを願って、終業式の言葉とします。