平成29年度~校長室

五月雨(さみだれ)

 今日は朝から雨。梅雨らしい日が続きます。ところで五月雨(さみだれ)という言葉を知っていますか? 「さみだれ」の「さ」は田植えの古語で、古来の田植えの時期(現代の農法よりやや遅く6月ごろ)を意味し、「早苗(さなえ)」「五月(さつき)」の「さ」と同語源です。「みだれ」は「水垂れ」で雨の意。 陰暦5月頃(現在の6月頃)に降りつづく梅雨の短い雨を指します。五月雨というと、「奥の細道」の「五月雨を集めて早し最上川」の松尾芭蕉の句がよく知られていますが、急流の最上川下りを体験し、当初読んだ句の「涼し」を「早し」に改め、最上川の豪壮さ、激しさを表記したと言われています。梅雨の雨は大変な面もありますが、稲の成長など植物の成長にはなくてはならないものです。