校長日誌

大雨

 今日は朝からずっと雨が降っています。埼玉県のアメダスランキングを調べてみると、24時間降水量は、1位が熊谷で107.0mm、2位が所沢で103.0mm、3位がときがわで96.5mmとのことでした。いずれにしても、よく降りました。7月の大雨のときには、羽実の2つあるグランドはどちらも「海状態」になりました。

 

防災naviによれば、大雨は、土砂災害、浸水、河川の氾濫や洪水など、様々な災害を引き起こします。家屋や車などの財産はもちろん、人の命も危険にさらすこともある災害です。

 先日の「落雷」のときにも書きましたが、できる限り災害から身を守る努力をして欲しいと思います。 
 
それには、まず自分の生活範囲内で、災害の際に危険になりやすい場所がどこなのかを日ごろから考えておくことは大切なことだと思います。自宅の周り、登下校時などそれぞれの場所で災害に遭遇したらどういう行動をとるべきなのかを考えてください。

 

 次に、気象情報やニュース、あるいは各自治体から出される緊急情報など、最新の情報を入手すること、そして様々な情報を総合的に判断して、身の安全を確保してください。