校長日誌

春の装い

 春です。春を探して敷地内を散策しました。

 

 

  南門付近に行ってみると、桜の木は沢山つぼみをつけています。そのうちのいくつかが咲き出しました。

 

 

 南門付近のバックネットには、先日卒業した平井君のインターハイ優勝を祝福する横断幕がかかっています。

 

 これはPTA・後援会や同窓会が彼の偉業を祝福して作成してくれ、羽生駅の御厚意で駅構内に暫く飾らせてもらったものを、その後バックネットに移設したものです。

 

 農場の方に歩いて行くと、ハウスの裏の畑の隅に菜の花が美しく咲いていました。毎年感じることですが菜の花は結構長い期間楽しめる気がします。

 

 

 農業管理実習棟から体育館の方に足を進めると、同窓会館の前の中庭に「こぶし」が咲いていました。

 

 

 情報処理棟の裏に行ってみました。ここは春爛漫といった感じです。「ムスカリ」、「ヒヤシンス」、「つくし」が小さな面積ですが、きれいに咲いたり、勢いよく伸びたりしていました。

 

 生命の息吹を感じる春です。皆さん、新しい年度が始まります。用意は順調に進んでいますか?

 

 「羽実の春」に「安らぎ」と「癒し」と「活力」を貰いました。さあ、皆さん、新年度も新たな目標を掲げて頑張りましょう。

 

 参考までに写真を掲載します。