校長日誌

祝 高等学校教員採用試験合格 卒業生 吉澤冬弥 さん

 今年度、6月に園芸科2年5組に教育実習に来た東京農業大学 農学部 バイオセラピー学科の吉澤冬弥さんは今年度の高等学校教員採用試験に合格しました。高等学校等教員の1次受験者は2208名で、名簿登載者数363名、6.1倍の倍率の中での合格でした。誠におめでとうございます。

 

 吉澤さんは平成24年3月に本校の園芸科の卒業生です。

 

  在学当時、授業で教え、今年度教育実習中の指導教官だった中村健司先生に伺いました。

 

「彼は明るく優秀な生徒でした。農業に対する強い情熱を持っています。教育実習で、2年5組の生徒に出合い、教員になりたいという気持ちが強くなったようです。」

 

「9月に総合教育センター江南支所で行われた2年生園芸科の共同実験実習(9月17日校長日誌参照)では、座談会の講師としてお招きして、2年5組の生徒に再会しました。」

 

「大学の話、研究室の話など、高校卒業後に進学する道について話してくれました。本校では高校卒業後に就職する生徒が多い中で、進路選択の幅を広げる観点からも、進学して世界を広げることについて熱い思いを生徒に語ってくれました。」

 

「本校の農業系の卒業生で、教員になった生徒は、数十年ぶりのことと思います。その意味では、非常に頑張ってくれました。きっと生徒から信頼される教員になってくれると思います」と教え子の快挙に嬉しそうに話していました。

写真は、共同実験実習の座談会で、生徒と一緒に撮った集合写真です。