校長日誌

インフルエンザ予防

 インフルエンザが流行っています。1月21日付けの新聞によれば、インフルエンザの流行が拡大し、今季の推定患者数は累積で約400万人に迫っていると厚生労働省が20日に発表しました。

 

 流行は更に広がるとみられ、厚労省は「引き続き、予防と感染拡大の防止に努めてほしい」と呼びかけています。

 

 厚生労働省のHPによると、平成29 年第2 週(平成29 年1 月9 日から1 月15日まで)の1週間の推計患者数は99万人で、昨年9月以降の累積で386万人に達しました。患者は10歳未満から70歳以上まで幅広い世代に広がっています。

 

 第2 週の定点当たり報告数は15.25(患者報告数75,576)となり、前週の定点当たり報告数10.58よりも増加し、2週連続で注意報レベルの10人を超えました。

 

 都道府県別では次のとおりです。上位5県を載せます。

愛知県(24.74)

岐阜県(21.00)

埼玉県(20.21)

千葉県(20.04)

福井県(19.50)

 

 同期間の保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等において休校、学年閉鎖、学級閉鎖等の実施状況は、227になっています。内訳は休校が8、学年閉鎖が43、学級閉鎖が176でした。

 

 検出されているウイルスは、高齢者が肺炎などを起こして重症化しやすいとされる「A香港型」が最も多くなっています。

 

 予防方法として厚労省のHPには以下のように書かれています。

 インフルエンザは流行性疾患であり、その予防の基本は、日頃からの十分な休養バランスのとれた栄養の摂取外出時の不織布(ふしょくふ)製マスクの着用外出から戻った際の手洗い流行前のワクチン接種等の方法があります。

  *不織布製マスクとは

 不織布とは織っていない布という意味で繊維あるいは糸等を織ったりせず、熱や化学的な作用によって接着させたことで布にしたもので、これを用いたマスクのことを不織布製マスクといいます。

 

 更に他人に感染させないというマナーの観点から次のようにも書かれています。

「咳エチケット」について

 厚生労働省は、他の人への感染を防ぐため、「咳エチケット」をキーワードとした普及啓発活動を行い、マスクの着用や人混みにおいて咳をする際の注意点について呼びかけています。

 

咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。

  マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人か

 ら顔をそむけて1m以上離れましょう。

 

○鼻汁・痰などを含んだティッシはすぐにゴミ箱に捨て、 手のひらで咳やくしゃみを受け止

 めた時はすぐに手を洗いましょう。

 

咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

 

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。

※マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用しましょう。

※咳エチケットを心掛けることは、周囲にウイルスをまき散らさない効果があるだけでなく、周りの人を不快にさせないためのマナーにもなります。

 

 先日大学入試センター試験が終わりましたが、このあと2次試験に向けて準備する人もいます。私立の試験を受ける人もいます。3年生は学年末試験があります。万全の体調で臨んでほしいと思います。

 さて、皆さん、大切な時期ですので、弱った方々へのいたわりの心と同時に、うつらない、うつさないようにお互いに気をつけましょう。

 

    厚生労働省HP  埼玉県HP  読売新聞  参照