初めての選抜選手

 

 9/6に東部支部高等学校バレーボール技術講習会2年生の部が行われました。
そこで
生実業高校男子バレーボール部、園芸科2年、栗原光希君(羽生市立西中学校出身)が東部支部の選抜選手に選ばれました。

  「校長室」のページでも取り上げていただきました。
 
通常、選手層の厚い、強豪校から選抜選手が選ばれる中、本校の選手が選ばれるということは大変名誉なことです。

 栗原君は、キャプテンとして部員をまとめ、試合ではチームの要として活躍しています。選抜チームではレフトのスパイカーとして起用されます。1122日に東西南北の支部対抗戦が行われ、選手として出場する予定です。活躍が大いに期待されます。

キャプテンを筆頭にさらなる飛躍ができるよう精進してまいりたいと思いますので、
引き続きご指導・ご声援をよろしくお願いします。