女子ソフトボール部

お知らせ 学校総合体育大会 予選を終えて・・・

 2019年4月19日
 天気に恵まれ、そしてソフトボールの聖地「道満球場」にて学校総合体育大会が実施されました。対戦校は、鷲宮高校と久喜高校でした。

 この日のために、朝練や夕練で1日300スイング以上マスコットバットで振ってきた部員や投げ込みをしてきた部員たちの成果は、しっかりと出ました。
 初戦は、鷲宮高校でした。先発は、吉羽でした。タイミングの取りずらいボールで翻弄することもできましたがやはり強豪なだけあって何球か粘られると、しっかりとミートされて守備のミスが起き、太刀打ちできませんでした。対戦校の、速いストレートを肌で感じることもできた選手たちもいい経験ができたと思いました。

★100球を超える力投 吉羽 優花

 2試合目は、久喜高校と対戦しました。先発は、高校大会初登板の四分一でした。

★160球を超える力投 四分一 真世
 この試合は、応援に来てくださった保護者の皆さまや副顧問も満足の非常にいいゲームになりました。打線も練習で相当振り込んでるおかげもあって爆発しました。ホームランも2本出ました!ただどれだけ振り込んで点数を取っても守備のミスが多く点を取り、取られるゲームとなりました。インターハイ予選の6月までに鉄壁の守備を目指して、徹底してやっていきたいと思います。

★出塁率 6.66 澁澤 萌 盗塁2


★2ランホームラン 小髙 汐織 選手


★レフトを超える3ランホームラン 高沢 彩未


 この大会で多くの保護者の皆さまにお越しいただきました。いつも保護者の皆さまの声援のおかげで、部員たちのモチベーションも上がります。朝早くから本当にありがとうございました。
 結果は以下の通りです。
VS 鷲宮高校 0対21 敗戦
VS 久喜高校 12対16 敗戦