女子ソフトボール部

ニヒヒ 対 久喜戦

 2018年7月21日 
 本日天気が35度を超える暑い中本校にて久喜高校と対戦しました。

 課題は・・・↓
①ミスした後の切り替え
②バスターやセフティー等の挑戦
③投手陣のコントロールの制球
やはり守備でミスした後の切り替えができておらず声が出なくなったりサインが出ているにもかかわらずつまらないフライをあげたり、そのようなプレーが3つ以上ありました。それにより3点は取り逃しました。1点を取りに行く勝負の場合、羽生実業高校は、勝てないでしょう。自分に厳しくもっと追い込んでもいいのではないか?そのように思わされる試合となりました。
 ただ収穫はありました。投手の小川と山崎は、それぞれ良い一面を垣間見せました。小川には、アウトコースとインコースの投げ分けが非常によくアレが常にバッターのゾーンに入ればある程度は絶対に打たれないでしょう。あとは、変化球のコースや制球力が残る試合となりました。
 山崎は、2試合目先発しました。課題のコントロールはあまり改善されませんでしたが、3三振としっかり抑えることができました。
 本日は、助っ人も女子バスケットボール部から来てくれました。暑い中ありがとうございました。

(人生初打席 原口 桃花)
 明日は、春日部共栄と東部合同との練習試合が控えているので、本日の課題をもう一度確認していきたいと思います。
*結果は以下の通りです。

羽生実業 VS 久喜 ( 6 対 1 ) 勝利