女子ソフトボール部

苦笑い 対 東部合同・春日部共栄

 2018年7月22日
 猛暑が続く中、本日は春日部共栄高校にて公立高校研修大会前の最後の練習試合が行われました。
 1試合目 VS 東部合同(八潮、越谷総合技術、庄和、松伏)
 先発した小川は、昨日に引き続き本日も登板しました。立ち上がりは、調子のいいストレートを中心にチェンジアップを混ぜた素晴らしいピッチングを見せ初回を三者凡退に抑え好スタートを切りました。最近はコースの投げ分けができているので要所要所を抑える素晴らしい投球ができるのですが、課題である左足の踏ん張り、息が上がりやすくなっているので明日からの練習も鍛えどころではあります。
 打線では、澁澤、吉羽のバスター内野安打や、高沢の3塁打、小川の満塁ホームランが出ました。初回3得点を挙げましたが、やはり課題である守備が・・・
(声掛け・周りとのコミュニケーションは大事ですね・・・)
 結果は、8対7でサヨナラ敗けという形になってしまいました。


 2戦目の対 春日部共栄の先発は、山崎でした。
昨日は、コントロールやメンタルがまったく安定せず課題ともなり1回で降板してしまいましたが、本日は、安定した緩いストレートをやや低めに決め相手にフライやゴロを打たせる良いピッチングをしました。相手が良く打つこともあったり、羽生実業サイドの守備のミスもあり8失点してしまいましたが、最後まで投げきることをマウンドでした本人にとっては大きな経験になったことと思います。
 投げた本人は、「今回の試合でもっとピッチャーをやりたいと思った。もっとマウンドで投げていたかった。次は、コントロールとストレートを磨いて挑みます。」とコメントしました。
この結果に満足せず、コントロールと変化球を1種でも磨いて夏大には挑んでいきたいと思います。
 結果は、8対2で敗戦でしたが確実に差を埋めていけるチャンスはあると思いますので頑張っていきたいと思います。
【待ってろ県大会!!!】