日誌

個人戦決勝!

 こんにちは。弓道部です。1月25日に大宮公園弓道場で行われた東部支部高等学校弓道錬成大会の男子個人戦において、本校の齋藤誠(1年)が決勝まで残りました。1次予選で2中、2次予選で3中、合計5中で予選順位7位タイでした。初めての決勝で緊張のためか、順位決定戦では予選の時のような射ができませんでした。しかし他の部員たちにも良い経験と刺激になったと思います。女子の中村紀華(2年)も1次予選で2中して2次予選に初めて進みました。2次予選は残念となりましたが、最初の2本の射は良い射でした。その他の結果は以下の通りです。

 

<男子>

羽生実業A

 加藤史也(2年)4射0中

 立花日向(1年)4射0中

 齋藤誠(1年)4射2中で1次予選通過、2次予選は4射3中で個人戦決勝へ 

 

個人戦での出場

 芹澤詩大(1年)4射0中

 大津昇馬(2年)棄権

 

<女子>

 中村紀華(2年)4射2中で1次予選通過、4射0中で2次予選敗退

 

 団体戦での1次予選通過という目標は達成できませんでした。大会前にも、中てることや中てる本数を具体的に目標として掲げており、普段の練習の様子を見ても不可能な目標ではなかったと思います。中てることができなかった生徒たちは、悔しさを滲み出していたように顧問には見えました。その悔しさがある限り大丈夫でしょう。各々で反省点を見つけ、次の大会では結果を貪欲に追い求めて欲しいと思います。