農場便り-10

 9/9(金)農業経済科2年生の科目「栽培技術」で秋作の種まきをしました。
 
 この日に種をまいたのは、ホウレンソウ(写真)、カブ、ダイコンです。ホウレンソウは、酸性土壌では発芽がわるいので、石灰(カルシュウム=アルカリ性、白色の粉末)を施してからの種まきです。
 今は、発芽して成長しています。
 
 
 

 9/15(木)1年生の科目「農業科学基礎」で秋作野菜の植え付けをしました。
 
 農場では、夏休み(8月)の間に各種野菜や草花の種をまき、2学期の授業で畑に植えられるように苗を準備しています。収穫は、10月末から始まります。
 写真は、ハクサイを定植している様子です。

  生徒の感想:「株間を決めて植え付けることを知りました。収穫が楽しみです。」