農場便り-8

8/10(水)農業カルチャー講座 一般対象「ハーブで作る化粧水2種」が行われました。
講座の内容は、
① ローズヒップ化粧水・・ビタミンCが多く含まれているといわれているローズヒップ(ブルガリア産ダマスクローズの実)を煮出して、きめ細やかな肌を作る化粧水を作りました。吹き出物やニキビに効果があるといわれています。
② エルダーフラワー化粧水・・エルダーというハーブの樹木に、6月白いアジサイに似た花が咲きます。この花を収穫、乾燥保存しておきました。この花には、シミ、ソバカスのもとになるメラニンの生成を抑制する働きがあるといわれています。
参加者数:21人
参加者の感想:「ハーブで化粧水を2種類も作って、明日からが楽しみだわ」
 
 8/18(木)、19(金)関東地区学校農業クラブ連盟大会(埼玉大会)が、深谷市民文化会館で行われました。
内容は、プロジェクトは発表3区分(①食料・生産、②環境、③文化・生活)と意見発表3区分(プロジェクトに同じ)。
 本校からは、県大会を勝ち抜いた農業経済科、環境コースの生徒14名が、プロジェクトの②環境の区分で『ムジナモの自生地宝蔵寺沼~ムジナモの自然回復を目指して~』を発表しました。
 結果は、惜しくも最優秀賞をのがしました。
生徒の感想:「今までにないくらいとても緊張しました。各県の代表校の発表は、どれもすばらしかった。今回の経験を今後に生かしていきたいと思います。」