『羽実ブランド赤大豆どら焼き』考案中~経過報告№2~

農業経済科食品調理コース3年で取り組んでいる『羽実ブランド赤大豆どら焼き』の商品開発途中経過の報告です。

現在は「餡子」「生地」それぞれ分かれた状態で完成を目指しています。が、まだまだ販売するにあたり製作コストや質に改善点ありといったところです。

特に生地班は「できることなら製作コストが低く、品質にムラが出にくいオーブンでの作成」を目指しているなか、どら焼き特有の焼き色や食感が出ずに試行錯誤を繰り返している現状であります。一方でフライパンを使った製作もしており、こちらはどら焼きに近くはなっていますが焼き色に差が出てしまうことが難点のようです。

餡子班は前々回に枝豆を使い「ずんだ」を作った経験を活かし、大豆感を残しつつ餡子のような滑らかな食感を出すことに成功しました。生地と合わせた時にどのような変化があるのか、楽しみです。 

 

羽生実業ブランド商品の完成をお待ちください!(農業経済科食品調理コース3年 広報班)