平成29年度~校長室

平成29年度~校長室

こたつ

12月に入り、もうこたつを使っている家庭も多いと思います。こたつ(炬燵、火燵)は、皆さんにも馴染みの日本の暖房器具。床や畳床等に置いた枠組み(炬燵櫓、炬燵机)の中に熱源を入れ、外側を布団等で覆って暖かくします。熱源は枠組みと一体になっているものと、そうでないものがあり、かつては点火した木炭や豆炭、練炭を容器に入れて用いていましたが、現在は電気装置(電気こたつ)が多くなっています。現在は冬場の暖房器具としてだけではなく、夏期にはこたつ布団を外し、テーブル卓代わりとして通年利用されることが多くなっています。そのため暖房器具ではですが、通年商品となっています。形の主流は正方形から長方形になりつつあり、ごく最近に人気の出てきた一人用のミニコタツなどは正方形となっています。現在は大手メーカーは電気炬燵を生産しておらず、中小のメーカーが数多く参入しています。47都道府県のうち、山梨県が最もこたつの所有率が高く、一方北海道が最もこたつの所有率が低く、北海道では、近年オイルヒーター、パネルヒーターなどを利用することが増えています。こたつ布団の上には、四角い天板(こたつ板)を置くことが多くなっています。この板は食卓代わりに宿屋等で使われ始め、家庭に広まったとみられ、1960年頃から家庭でも一般化しました。以前は天板の裏がラシャ張りになっており麻雀卓として利用されていましたが、麻雀人口と正方形のこたつがともに減少したため、このような天板は稀になりました。

    

0

12月の風景

 今年もあとひと月となりました。12月に入り、寒さが一段と厳しくなってきました。12月はグレゴリオ暦で第12の月(最後の月)に当たります。日本では旧暦12月を「師走」、「師馳」(しわす・しはす)又は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と呼んできました。今では「師走」及び「極月」は、新暦12月の別名としても用いられています。十二月を師走とした一番古い文献は、『日本書紀』の桓武天皇紀で「十有二月」と書いて「しわす」と読ませています。語源については、『奥義抄』によると、十二月は僧を迎えてお経を読ませるので、僧が東西に忙しく走り回ることから「師走り月」。また、『類聚名物考』では、春夏秋冬四季のおしまい、つまり「四季はつる月」からきているとしています。英語での月名、December(ディセンバー)は「10番目の月」の意味で、ラテン語で「第10の」という意味の「decem」の語に由来しています。 実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で、3月から数えて10番目という意味です。寒さだけではなく、風邪やインフルエンザの流行る季節となりました。うがい・手洗いをこまめにおこない、マスクを着用しましょう!

   

0

修学旅行報告(3・4日目)

 3日目は各民宿での活動。風が強く、農作業などは大変? 先生方はそれぞれ自転車で生徒のようすを見たり、島の各地を訪問したりします。伊江島は周囲22kmほどのそれ程大きくない島なので、軽く自転車で1周出来そうと思いましたがとんでもない間違いで、アップダウンが多く、風も強くて何度も自転車が前に進まない! 北部の湧出展望台までふつう40分くらいのところを1時間以上もかかり、へとへと・・・。生徒たちは民宿の方に連れられて雄大な沖縄の海を満喫していました。

 

 

 

 4日目、最終日は伊江港で離村式。民宿の人に教わった沖縄舞踊を披露してお別れです。12時過ぎに那覇空港に到着し、2時5分の飛行機で一路羽田へ。羽田には予定通り4時25分に到着し、出口を出て解散しました。4日間、天気は曇りがちでしたが、多くの生徒は元気一杯で沖縄を満喫していました。怪我をした生ともいましたが体調不良者はほとんど出ず、全員が健康に気を使っていました。生徒たちは埼玉県では経験、感じ取れない沖縄を体験し、今後の生活に活かしてくれるものと思いました。

 

 

 

 

0

修学旅行報告(1・2日目)

 11月26日(火)から11月29日(金)まで3泊4日の行程で2年生が修学旅行に行って来ました。まず、1日目・2日目のようすをお知らせします。
 集合は26日(火)羽田空港第2ターミナルに8時30分。少し遅れてきた者もいたので先行きやや不安? 

       

 何とか全員そろって飛行機に乗ることが出来ました。10時35分に羽田を出発して13時30分に那覇空港に到着。羽田では肌寒さがありましたが、曇りがちでも那覇は暖かい! この日はまず沖縄平和祈念資料館を訪問し、多くの人々が先の戦争で亡くなったことを実感し、戦争の悲惨さを改めて感じました。

 
 

 次にめゆり資料館を訪問し、学校でみんなで折った千羽鶴を捧げました。その後、宿舎のホテルに移動し、2日目以降の日程を確認して午後10時30分に就寝。ホテルではアイスを購入する生徒がたくさんいました。 

 
 

       

 2日目はまず恩納村の御菓子御殿を訪問。紅いもタルトをはじめとするスイーツをお土産として購入し、次に美ら海水族館を訪問。ジンベイザメなど多くの魚のようすを見ました。

 

 

 

 その後、本部港からフェリーに乗り伊江島へ。伊江島では23の民宿で民泊体験をします。入村式の後、各民宿の送迎者に乗って2泊目、3泊目を過ごしました。

0

蜜柑(みかん・ミカン)

 この時期、八百屋さんやスーパーの食品売り場の店頭を彩るのがミカン。蜜柑(みかん・ミカン)と言えば、ウンシュウミカン(温州蜜柑)を指すことが一般的で、さまざまなな栽培品種があり、食用として利用されています。その生産量は、和歌山県、愛媛県、静岡県が年間10万トン以上と多く、栽培は温暖かつ日当たり、風当たり、水はけが良い斜面の地形が条件であり、主な産地のほとんどが太平洋や、瀬戸内海に面した沿岸地となっています。近年は、保存技術の向上と共にビニールハウスや温室で栽培されたハウスみかんも多く流通し、ほぼ一年中目にすることが出来ます。ハウスみかんでは佐賀県、愛知県、大分県などが主産地となっています。柑橘の原種は、3000万年前のインド東北部のアッサム地方近辺を発祥とし、さまざまな種に分化しながらミャンマー、タイ、中国等へ広まったとされています。ミカンの美味しさは、含まれている糖と酸の量・バランスやホロの薄さなどによって決まります。糖度が高いことは重要ですが、酸の量も同様に味の決め手になります。生食されることが多く、内皮を丸ごと食べる人と食べない人で個性も分かれます。また、むき方も「へそ」からむく方法と、へたからむく方法と、刃物で切る方法とさまざまです。他に北陸地方、東北地方、九州地方など地域によっては焼きミカンといって焼いて食べる所もあります。また凍らせて冷凍みかんにしたり、お風呂に入れて食べたり、下記のように用途に応じて様々な加工品も作られている。ミカンの全生産量の約2割はジュースや缶詰に加工されています。食物繊維として含まれるペクチンには、整腸作用の他、消化酵素のひとつである膵リパーゼの働きを阻害する作用があります。これを食前に摂取することにより食物中に含まれる脂肪の吸収を抑制することができます。またシネフリンには体脂肪を減らす効果が高く、特に熟していない青い果実に多く含まれています。

 

0

世界キャラクターさみっとin羽生

 11月23日(土)、24日(日)、世界キャラクターさみっとin羽生が羽生水郷公園で開催されました。今年で10回目となります。本校では、農産物の販売とボランティアで多くの生徒と先生が参加しました。今日は朝から雨で地面はぬかるみ、とても歩きづらい! 開会式のキャラクターの集合も中止となりましたが、多くの方々が朝早くから訪れ、キャラクターとの触れ合いを楽しんでいました。

 

 

 

※ 下の2枚の写真は昨年度のもの

0

新嘗祭(にいなめさい)

 新嘗祭は、古くから天皇がその年に収穫された新穀や新酒を、天照大神をはじめとする天地の神に供え、農作物の恵みに感謝し、自らも食す儀式でした。律令制度のもと、11月の2番目の卯の日に新嘗祭を行うことになっており、天皇が即位した最初の新嘗祭を大嘗祭と呼び天皇の即位を天下に知らしめる大きな祭典となっています。新嘗祭がいつ頃から行われていたかははっきりとしないのですが、日本書紀で皇極天皇元年(642)11月16日に新嘗祭の記述があるのが文献に出てくる最初です。この日の干支は丁卯にあたり、すでにこの時代に11月の2番目の卯の日が新嘗祭と確立していたようです。明治以降、新嘗祭は11月23日に定められ国民の祝日となります。そして昭和23年より勤労感謝の日と名を変え「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」日として国民にすっかり定着した祝日となっています。本来、この新嘗祭は宮中だけで行われていた儀式ではなく、一般民衆の間でも新しい穀物を神に供え、それを食べて収穫を祝う習慣がありました。「風土記」や「万葉集」にもその様子が描かれており、現在も年迎え的な行事として、能登半島の「あえのこ」や関東地方で行われている「十日夜」が残っています。

  

0

冬支度

 日に日に寒くなり、冬本番へと向かう時期となりました。冬服への入れ換え、こたつやストーブの準備に忙しくなる時期です。ところで、心も体も冬支度できていますか? 特に、働く女性を困らせる冬特有の体の悩みにはいろいろありますが、なかでも今回は「冬太り」を取り上げて、そのメカニズムと対策について、いろいろ調べてみました。冬は寒さから身を守るために脂肪がたまりやすい時期。とはいえ必要以上に太るのも困りものです。不健康な冬太りのメカニズムやその原因を知って予防しましょう。体内に摂取されたエネルギーが、体の代謝によって消費するエネルギーを上回った場合、余分なエネルギーは中性脂肪として脂肪細胞や肝臓に蓄えられます。この量が多いと肥満につながります。夏と冬では夏の方が汗をかくし、基礎代謝(じっとしていても消費されるエネルギー)は高いと思われがち。でも冬は気温が低く、体温も下がることから体は自ら体温を上げようとエネルギーを使用するため、実は夏よりも冬の方が基礎代謝は高いのです。ではなぜ太る? これは寒さによる冷えや運動不足による血行不良が原因と考えられます。血液は栄養素の運搬路。だから血行不良になると酸素や栄養素をうまく運搬できずに内臓機能や基礎代謝の低下につながります。また栄養素が効率よく運搬されないと代謝が悪く、不燃焼型の身体になり、余分な栄養素を蓄積しやすくなります。クリスマス、忘新年会と外食の多い時期は、つい飲み過ぎ・食べ過ぎになりがち。余分なエネルギーが脂肪になるばかりか、食べ過ぎると内臓に血液が集中するため体温が下がり、基礎代謝まで下げてしまいます。結果として余計に脂肪が増えるという悪いループに陥ります。飲み過ぎ・食べ過ぎに注意して適度な運動を心掛けましょう!

 

0

インフルエンザを予防しよう

 インフルエンザの流行が今年も懸念され、注意報が出されています。インフルエンザはインフルエンザウィルスの感染によってかかる病気です。主に38~40°の高熱や頭痛、全身倦怠感が症状として表れる全身症状とのどの痛みや咳などの呼吸器の急性炎症症状などがみられます。発熱は通常3~7日続き、熱は下がっても体内にインフルエンザウィルスが残り他人に移ってしまうこともあります。なぜ冬になるとインフルエンザが流行るか? それはインフルエンザが空気感染することに大きな原因があります。冬場は空気が乾燥し、また寒く乾燥した空気は起動粘膜の抵抗力を弱めてしまいます。これらの条件がインフルエンザウィルスにとってはとても好条件となります。 予防接種をうけてインフルエンザを予防するのも大切ですが、日常生活では以下のことに気をつけましょう。
・外出時はできるだけマスクを着用する。他人からの感染を防ぐことだけでなく、他人を感染させるのも防ぎます。
・家に帰ったらうがい、手洗い。
・室内の湿度を保つ。空気が乾燥した状態でインフルエンザウィルスが活発に活動します。その活動を抑えるためにも加湿器などを用い室内の湿度を保ちましょう。また、定期的な換気も必要です。
・体力を保つ。体力が低下するとウィルスに感染しやすくなります。食事、睡眠は十分にとりましょう。
 昨年暮れにインフルエンザにかかり、家で数日間じっとしていましたが、楽しいことはありませんでした。100%防ぐことはなかなか出来ませんが、上記の予防は誰でも出来るのでしっかりやりましょう!

   

0

酉(とり)の市

 大分寒くなってきましたね。朝晩はストーブやこたつがほしい季節となってきました。寒くなる11月は酉(とり)の市が各地で開かれます。酉の市は例年11月の酉の日に行われる各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)の祭礼で、古くは酉の祭と呼ばれ、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)とも呼ばれます。浅草の鷲大明神社、花園神社、鷲神社の本宮といわれる埼玉の鷲宮にある鷲宮神社、桐生の寂光院などが有名です。祭礼では「福を掻き込む」という洒落にことよせ、「縁起守り」や「縁起熊手」を買い求める人々で賑わいます。商売をしている人は店や事務所などに縁起熊手を飾り商売繁盛を願います。11月の酉の日に行われ11日が一の酉、23日が二の酉。年によっては日のめぐりで三の酉まであることもあります。鷲神社の社伝によれば、「鷲」とは、天照大神(あまてらすおおみかみ)がお隠れになった天岩戸(あまのいわと)を開けた時に、弦(げん)という名前の楽器を持った神様ところへ飛んできた縁起のよい鳥だとか。また「酉の日」は、その後天日鷲命と呼ばれるようになったこの神様を祀っていた浅草の地に、日本武尊(やまとたけるのみこと)が戦勝のお礼参りをしたのが11月の酉の日であったことに由来するそうです。酉の日が祭礼日となり、やがて市がたつようになったのが、酉の市。ですからこの市、今も正しくは「酉の祭(とりのまち)」と呼ばれる鷲神社の神祭の日なのです。

  

0