日誌

平成25年度第3学期

ひらめき 3年生からの贈りもの

2014年3月12日
 
 今日の天気は晴れ!4月上旬の気温になる予報です。約1ヶ月ぶりに登校する3年生からの最高のプレゼント!
卒業式予行 卒業式予行
卒業式予行 卒業式予行
卒業式予行 卒業式予行
 3年生は、この思いをどう伝えますか?
 グッバイ ティーチャー マイフレンズ 旅立ちの際の ドキドキ絵文字:音楽
 
 在校生の餞の支度はととのいました!
 明日の天気は雨の予報です。晴れの舞台が涙あふれてとまらなくても、全部雨のせいにできそうです。
0

平成26年度欠員補充募集要項の掲載について

2014年3月11日
 
 平成26年度欠員補充募集を実施いたします。
 要項などは埼玉県教育局高校教育指導課のホームページ「平成26年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報」(3月11日(火)
掲載予定)でご確認ください。
 
 また、本校の募集要項は下のリンクから入手できます。
 
 お問い合わせは、本校「入学者選抜担当」までご連絡ください。
0

夜 あの時の記憶を忘れない

2014年3月11日
 
 2011年の今日起こった東日本大震災。ちょうどこの時間で3年の月日が経ちました。
 被害に遭われた方や、大切な家族と離ればなれになった方々の心も、少しずつ復興されていることを心から願います。
 
 その日の本校は、卒業証書授与式が挙行された後でした。校内で部活動をしていた生徒たちの安全を確保するとともに、下校した生徒が帰宅しているかを心配し、日は沈みました。
 
 2ヵ月後、入学したての1年生が、クラスでメッセージボードを作り、近くのショッピングモールで募金活動をするなどして、被災地の復興を支援する取り組みも経験しました。
 その生徒たちも「人として」の生き方を3年間勉強し、今週羽生実業高校から巣立っていきます。
 
 昨日、ラジオから流れてきたオフコースの絵文字:音楽「人として」の歌詞は、まさに今の彼らの気持ちを代弁してくれているように思えました。
 「出会いは風のようで 別れは雨のようで すべてのことあるままに ...」 
東日本大震災 東日本大震災
 
  あの日の記憶を忘れません。卒業式のその瞬間も・・・
 
0

ぽっかぽかな温室

2014年3月7日

 植物を育てている温室の中は、冷たい風を受けずにぽっかぽかの陽気で、すっかり春です。
 サボテンやランの花も咲いて、まるで小さな植物園のようです。
 ポットから芽が出た草花は、春の園芸即売会に向けて生育を調整しています。
温室 温室
温室 温室
0

「啓蟄」は二つ玉低気圧で荒れ模様

2014年3月6日
 
 啓蟄の今日は、二つ玉低気圧の影響もあり、風が強く寒い朝となりました。
 冬ごもりをしていたしていた虫たちも地中から這い出て、田んぼや畑で動き出す時季です。田んぼの土を掘り起こして、命の空気を吹き込むと、ミミズやカエルの元気な姿を見ることができます。
 天気は、大陸からの低気圧と南の海上で発達した低気圧が連なって接近し、いわゆる二つ玉低気圧に覆われました。ソテツもまだコモをまといたいようです。
 「春一番絵文字:音楽」が観測される日を待ちわび、虫も私たちも肩を丸めて、もう少し冬の寒さに耐えるのでしょうか?
啓蟄 啓蟄
0

興奮・ヤッター! 全校集会を行ないました

2014年2月28日
 
 全校集会で、生徒指導部から入学試験にともなう臨時休業中の過ごし方について、4つのことを指導しました。
 
 1.命を大切にし交通事故にあわないこと
 2.高校生としてふさわしい生活を送ること
 3.深夜徘徊などをしないこと
 4.インターネットのSNSサービスなどでトラブルを起こさないこと
 
 各自の行動や言動に責任を持ち、羽実生としての誇りをもった生活を心掛けてください。 
全校集会 全校集会
0

晴れ ヒカリの中へ

2014年2月28日
 
 雨上がりの新鮮な空気と、暖かい日差しの朝を迎えました。太陽のヒカリの方向へシャッターを切ってみました。
 畑の草ものびのびと育ち、生徒も草取りに精が出ます。
 明日からは3月になり、ストーブがいらなくなるとよいです。今日は教室の窓を開けて、おいしい空気を吸いながら大掃除ができるでしょう。
ヒカリへ ヒカリへ
ヒカリへ ヒカリへ
ヒカリへ ヒカリへ

0

樹木の剪定

2014年2月26日
 
 校内では常緑樹の剪定を行なっています。夏になると、木陰の隙間から校舎に流れる風が心地よく感じます。
 今週は1・2年生の学年末考査を行なっています。生徒が通学で利用している秩父鉄道も、今日から平常運転になりました!
 太陽の光が強くなって、日差しはすっかり春らしくなってきました。今週は温度も上がって、桜の蕾も膨らむでしょう。 
剪定 剪定
剪定 剪定
剪定 剪定
0

興奮・ヤッター! 赤城おろしが目にしみる

2014年2月21日
 
 冬型の気圧配置で、北からの赤城おろしが目にしみます。 
 坂東太郎も、背中を丸めて冷たい風に耐えているみたいです。
 しばらくぶりに農場へ行くと、ツバキの花が咲いていました。木が「春はもう少し」と話しかけているようで、花言葉にも「美」を感じました。
赤城おろし 赤城おろし
赤城おろし 赤城おろし
赤城おろし 赤城おろし

0