農場だより

農場便り24-17

 11/10(土)、11(日)第22回全国産業教育フェア(岡山大会)で、園芸科3年生の金子朱里(あかり)さんが文部科学大臣賞・金賞を受賞しました。

  全国産業教育フェアの中のフラワーアレンジメント競技部門では、北海道から沖縄まで総勢60名の各都道府県大会を勝ち抜いてきた高校生が争います。
 審査のポイントは、①器と花材のバランス。②花材の活かし方。③ヨーロピアンスタイル、ウエスタンスタイルの基礎基本をおさえた作品かどうか。競技時間は、フリースタイル50分間です。これとは別に、作品のテーマを説明する文書作成10分間。
  今回の受賞は、金子さんにとっても大きな自信になりました。また、同じように努力している生徒にとっても自信の輪が広がりました。
 
 前回の答え・・産業教育フェアが行われた会場は、「大宮にあるソニックシティー」でした。
 
 中学生の皆さん問題です・・埼玉県には、農業を学ぶ(農業関係学科)ことのできる学校は、何校あるでしょうか?

  

農場便り24-16

11/10(土)、11(日)第22回埼玉県産業教育フェアが行われました。

 10日(土)午後、行田市にある園芸専門学校さんとのコラボで、体験コーナー「試験管ポプリづくり」を来場の方々に体験してもらいました。「教えることは、学ぶこと」を生徒自身が学んだ実り多い一日でした。
 
 前回の答え・・校章のヘビは、商売の神様としてまつられています。本校は、農業科(稲穂)と商業科(ヘビ)をシンボルとしています。
 
 中学生の皆さん問題です・・産業教育フェアが行われた会場は、どこだったでしょうか?
 

農場便り24-15

10/27(土)羽実祭で農産物等の即売会が行われました。

 午前10時の一般公開と同時に農産物等の即売会もオープンしました。
 この日に照準を合わせて作付けし、準備してきました。天候にも恵まれ、生徒は販売実習に声を出し、お客様は、その声に誘われ、なごやかなうちに即売会が終了しました。
 授業で栽培、加工した商品を、お客様に説明して販売する「対面販売」は、生徒に自信と喜びを、お客様には、安全・安心な農産物等と学校の生き生きとした様子を持ち帰って頂いたように思います。
 
前回の答え・・パンジーの原産地は、①ヨーロッパ、北西アジア、北アメリカです。
 
 中学生の皆さん問題です・・本校の校章(写真)には、稲穂とヘビが使われています。校章に動物が使われているのは珍しいのですが、なせ、「ヘビ」なのでしょうか?
 

農場便り24-14

10/24(水)実業団駅伝会場にパンジーンのプランターで花を添えました。

 11/3に開催された男子第53回、女子第23回東日本実業団対抗駅伝競走大会を前に、本校の園芸科草花専攻生8人が夏から育てたパンジーのプランター150個を出荷しました。
 プランターの設置会場は、大会のゴール地点である熊谷スポーツ文化公園陸上競技場のトラック周辺です。「今年の夏は猛暑で、パンジーを順調に育てることに苦労しました。」と担当した生徒と先生の話でした。
 
 前回の答え・・②中力粉でした。
 
 中学生の皆さん問題です・・パンジーは、夏の暑さが嫌いです。では、パンジーの原産地は次のどこでしょうか?
①ヨーロッパ、北西アジア、北アメリカ
②オーストラリア
③アフリカ
 

農場便り24-13

10/6(土)農業カルチャー講座(小中学生対象)「うどん作り」が開かれました。
 
参加者数:12人
 講座担当の先生が、前日生地をこね、寝かせて(熟成)おきました。その生地を使って、麺棒(めんぼう)で伸ばし、包丁で切り分けました。麺をゆでてその場で試食です。釜ゆでうどんの出来上がり。
 
 前回の答え・・「草を浮き上がらせて除きます」でした。
 参考までに、田こすりの写真を載せました。稲のうねとうねの間にこの器具を入れ、押して、引いて、また押すと、田こすりの爪によって草の根が分断されて浮かび上がってきます。この動作を繰り返しながら前進します。除草剤に代わる安全・安心な「お米」を作るための作業ですが、重労働です。
 
 中学生の皆さん問題です・・うどんの原料は、「小麦粉と塩」です。小麦粉は含まれるタンパク質(主にグリアジン、グルテニン)の割合と形成されるグルテンの性質によって①薄力粉、②中力粉、③強力粉に分類されます。うどん作りに向いている小麦粉は、何番でしょうか?
 
 
 

農場便り24-12

10/1(月)1年生が稲刈りをしました。

 月曜日は、1年生3クラスに「農業科学基礎」がある日です。晴天に恵まれ、朝から稲刈り実習を行いました。
 6/13(水)、14(木)に田植えしてから4ヶ月弱。夏休みには、「田こすり」という器具を使って草を取りました。生育調査もしました。
 稲刈りした品種は、「満月」というもち米です。
 
 注:初めて田植えをする生徒が、毎年30%ほどいます。稲刈りも同数になります。稲作文化を伝える貴重な体験です。
 
 前回の答え・・「ヨーグルト」でした。
 
 中学生の皆さん問題です・・「田こすり」という器具は、どのような構造で草を取り除くと思いますか?
 

農場便り24-11

9/29(土)農業カルチャー講座「濃厚手作りジャム4種」が開かれました。
 
参加者:25名
 
 素材に砂糖だけを加えて作るジャム。これ以上の本物はありません。
 4種類の内訳と特徴は、
①ブルーベリー・・本校の果樹園で8月に汗をかきながら収穫しました。
②アロニア・・目に良いといわれているアントシアニンが、ブルーベリーの2倍含まれている果実。農場で育っています。
③イチジク・・姿の良い物は生食用に販売し、完熟したものはジャム用に冷凍保存しているイチジクを使っています。だからおいしいのです。
④ルバーブ・・今年の夏は暑すぎて、農場のルバーブ(シベリア原産)は、溶けてなくなってしまいました。やむを得ず軽井沢産を取り寄せました。
 
 前回の答え・・「ムジナモン」でした。
 
 中学生の皆さん問題です・・アロニアは、ブルーベリーに似ていますが、えぐみ(渋み)があるために鳥に食べられる心配はありません。このえぐみを緩和するために、何を加えてジャムを作るでしょうか?(ヒント・・最初の写真のテーブルをよく見ましょう)
 

農場便り-10

 8/22(水)、23(木)関東地区学校農業クラブ連盟大会(群馬大会)が、前橋市民文化会館で行われました。
 
 内容は、プロジェクトは発表3区分(①食料・生産、②環境、③文化・生活)と意見発表3区分(プロジェクトに同じ)。
 本校からは、県大会を勝ち抜いた農業経済科、環境コースの生徒19名が、プロジェクトの②環境の区分で『ムジナモの自生地宝蔵寺沼2~ムジナモの自然回復を目指して~』を発表しました。
  当日は、研究の成果を落ち着いて発表することができ、優秀賞をいただきました。
 
 前回の答え・・「豊水」でした。
 
  中学生の皆さん問題です・・「ムジナモ」をイメージした羽生市のキャラクター(下)の名前は何でしょうか?
   

農場便り24-9

 8/10(金)羽実の梨(初もの)を市民プラザ内の「羽実屋」で販売しました。
 
 午後2時開店の前から常連のお客様が待っていてくれました。初ものの梨(幸水)は、5分で完売しました。ありがとうございました。
 授業で精魂込めて作った梨が、目の前で売れ切れる体験は、生徒に喜びを与えてくれることになりました。ありがとうございました。
 
 前回の答え・・「アントシアニン」でした。
 
 中学生の皆さん問題です・・「幸水」の次に9月中旬頃から販売する有名な梨の品種は、何でしょうか?
 

農場便り24-8

8/10(金)農業カルチャー講座
小中学生対象「目にやさしいブルーベリー収穫体験」が行われました。
 
 参加者数:47人
 
 参加者数(保護者含む)が、昨年の18人から大幅に増えました。ブルーベリーの収穫体験が格安でできるという口コミが広まったようです。
 果樹の当番に来ている生徒(高校生)を横目に、小学生のお客様がブルーベリーを摘み取っていました。小学生の目に、高校はどのように映ったのでしょうか?
 
 前回の答え・・「薬草」でした。
 
 中学生の皆さん問題です・・ブルーベリーは、目に良いといわれています。その栄養素は、何でしょうか?