日誌

平成25年度第3学期

雪 雪の魔法にかかる

2014年2月5日
 
 
 昨日の雪は、思ったよりも多く積もり、ラジオからは、雪をテーマにした曲が流れていました。「粉雪」、「悲しみは雪のように」、そして「スノーマジックファンタジー」・・・
 
 雪の魔法で、犬と猫のどっちにかかってしまいましたか?外ではしゃぎたくなりましたか。
 
 流れてくる歌を聴いていると、「その答えは風の中 答えは風に吹かれてる」という台詞が、遠い遠い過去の記憶の人もいるようです。 
 
0

雨 春の訪れを告げる雨

2014年2月4日
 
 今日の天気は雪の予報も出ています。南からの低気圧は、もうすぐ春が来ることを予感させてくれます。
 校花になっている「アメリカハナミズキ」の花も、蕾がピンク色に見えるようになってきました。ハナミズキの花は、上を向いて咲くところに美しさを感じます。
 「ハナミズキ」のメロディーが頭に浮かぶと、穏やかな情景が浮かび、平和が100年続くように、いつまでも続くようにと願う人もいることでしょう。
 4月になると、校内はハナミズキの花が満開です。授業中の4階や3階からの教室からの風景が目に焼きつきます。
 今日は、薄っすらとお化粧するかもしれません。
ハナミズキ ハナミズキ
0

視聴覚 第6回羽生市郷土芸能発表会でのボランティア

2014年2月1日
 
 市制施行60周年記念「第6回羽生市郷土芸能発表会」が、羽生市産業文化ホールで開催され、本校放送部の2年生部員が司会をしました。当日は、次の7団体が出演しました。
 
 旭町おはやし保存会
 津軽三味線 五人囃子
 桑崎獅子舞保存会
 下岩瀬白山太鼓保存会
 中宿万作保存会
 下手子林獅子舞保存会
 羽生太鼓 みやび
 
 どの団体も味わい深い伝統芸能を熱心に披露し、客席を埋め尽くした観客から大きな拍手を浴びていました。
0

晴れ 畑の栄養と心の成長

2014年2月3日
 
 校内の落ち葉を生徒が集めた堆肥は、種まきを今かと待っています。霜が降りなくなれば、馬鈴薯の種まきももうすぐです。有機肥料はおいしい野菜や美しい花になります。
 冬の寒さも今日を節目にして、暖かい春に向かいます。 
 登校風景の生徒の表情も、今朝は少し引き締まっている印象でした。上級生になるという芽が出てきたように映りました。
節分 節分
節分
0