農場だより

農場便り-15

 園芸科1年生の授業「総合実習」で、「粗皮削り」が始まりました。梨の木の表皮で越冬するカイガラムシやダニ、病原菌を駆除するために表皮を削り落とす作業です。
 ただし、地上から1.5mほどの太い幹の表皮を地ぎわから削ります。下の写真は、使用する道具です。
 
 

 生徒の感想:「ひび割れた表皮の間に白い粉状のカイガラムシが見えます。この虫が幹から栄養を吸い出しているかと思うと、作業に力が入りました。」「粗削りの表皮をはぐと、きれいになってさっぱりした気分です。」

農場便り-14

11/21(月)ヤマメがふ化をはじめました。
 農業経済科2年生(環境コース)の授業「飼育技術」でヤマメの卵がふ化しはじめました。
 『水生生物の飼育』という単元で、淡水魚の飼育を行っています。その材料としてヤマメのふ化から飼育がスタートします。
 ふ化したばっかりの稚魚は、まだお腹に卵のうを抱えています。そして、身を守るために集団で生活します。金網の上にいますが、自然界では、金網の下の砂利の間に身を隠します。
  
 生徒の感想:「肉眼で、心臓が動いているのが見えた。」「この後も順調に育ってほしい。」
 
11/24(木)1年生の授業「農業科学基礎」でハクサイの調査をしました。
 9/15に定植したハクサイが、収穫時期を迎えています。この日の授業では、4班に分かれてハクサイの葉を1枚ずつていねいに取り除き、葉数、縦、幅を計測しました。
 葉数が一番多かったのは、3.4㎏のハクサイで91枚(下の写真)まで取ることが出来ました。
 ハクサイやキャベツが結球するのは、複数の外葉が陰を作ることで、内側の葉に“結球”のスイッチが入ります。
  
 生徒の感想:「葉数が何枚あるかは、想像がつきませんでした。ぼくらの班は、85枚でした。」

農場便り-13

11/18(金)羽実屋で“いが饅頭”を販売しました。
 
 農業経済科の3年生6人(「課題研究、生物活用班」)が、本校で栽培したもち米を使って市内の和菓子店の指導で「いが饅頭」を作りました。
 市民プラザのスクールショップ「羽実屋」で販売しました。初めての体験学習で製造から販売までを学び、用意した150個は完売しました。
  
 生徒の感想:「完売してうれしい。和菓子作りも大変勉強になりました。」「私たちも1年生のとき、もち米を栽培しました。今年のもち米が、いが饅頭になって販売できるのはうれしい。」
注:「いが饅頭」は、羽生、加須、川里地域に古くから伝わる郷土の味。赤飯の中に饅頭を入れた姿が、栗のイガに似ていることに由来します。
 
 
11/20(日)第22回羽生市農業まつりに参加しました。
 
 羽生市農業まつりでは、農産物品評会や各生産団体による展示即売会等が行われました。羽実(農業経済科)も1団体として参加しました。前日の雨があがったものの雲の残る天気で始まりました。
 「羽実のジャムです」と掛け声を出すと、お客様がテントに寄って来てくれました。
 生徒の感想:「声を出して販売するのは、文化祭に続いて2回目ですが、文化祭のようには売れないですね。おばさま方に売るのは、ハードルが高い。」 「私も、羽実の卒業生なんだよ、といってジャムを買ってくれた人もいました。何となくうれしかったです。」

農場便り-12

10/29(土)羽実祭で農産物等の即売会が行われました。

 午前10時の一般公開と同時に農産物等の即売会もオープンしました。
 この日に照準を合わせて作付けし、準備してきました。天候にも恵まれ、生徒は販売実習に声を出し、お客様は、その声に誘われ、なごやかなうちに即売会が終了しました。
 授業で栽培、加工した商品を、お客様に説明して販売する「対面販売」は、生徒に自信と喜びを、お客様には、安全・安心な農産物等と学校の生き生きとした様子を持ち帰って頂いたように思います。
  
 
 
 
 
11/5(土)、6(日)第21回埼玉県産業教育フェアが行われました。
 
 11/6(日)午前 大宮駅コンコースにおいて本校が農産物等を販売しました。10時前にオープンし、一時間半で好評のうちに終了しました。
 
 生徒の感想:目の前をたくさんの人が通り過ぎていくけれど、どの人がお客様になってくれるのか分かりませんでした。「羽実の農産物です」と声を出しているうちに、目の前にお客様が現れました。緊張しました。
 
 同日午後 会場のソニックシティ地下1階展示場で、「体験コーナー」を本校が担当しました。行田にある園芸専門学校さんとのコラボです。植物の種子を使った万華鏡とポプリづくりを来場の方々に体験してもらいました。
 
 生徒の感想:園芸専門学校さんで事前研修した成果が出たと思います。小さな子供さんにも教えることができました。
 



農場便り-11

10/9(日)農業カルチャー講座(小中学生対象)「うどん作り」が開かれました。

 参加者数:6人

 講座担当の先生が、前日生地をこね、寝かせて(熟成)おきました。その生地を使って、麺棒で伸ばし、包丁で切り分けました。麺をゆでてその場で試食です。釜ゆでうどんの出来上がり。

 参加者の感想:「自分で作ったうどんを食べるのは、初めてです。美味しいです。」
 
 注:参加した中学生は、10/1(土)第2回体験入学にも参加しています。
 
  
 
 
10/11(火)1年生が稲刈りをしました。
 
 火曜日は、1年生3クラスに「農業科学基礎」がある日です。晴天に恵まれ、朝から稲刈り実習を行いました。
 6/14(火)に田植えしてから4ヶ月。夏休みには、「田こすり」という器具を使って草を取りました。生育調査もしました。
 品種は、「満月」という“もち米”です。収穫したもち米の一部は、市民プラザのアンテナショップ「羽実屋」で一般市民の方にも販売します。
 また、このもち米を使って農業経済科2年生の“スペシャリストに学ぶ”の授業は、和菓子店 まつのや の社長さんをお呼びして「いが饅頭」も作る予定です。

  生徒の感想:「初めて稲刈りしました。ちくちくしたけれど、楽しかった。」

 注:初めて田植えをする生徒が、毎年30%ほどいます。稲作文化を伝える貴重な体験です。