農場だより

イネの播種

 5月7日(木)イネの播種を行いました。

 

 臨時休校のため教員のみでの作業になってしまいましたが、今年も例年通りイネの播種を行いました。うるち米は「彩のかがやき」、もち米は「マンゲツモチ」という品種で、それぞれ30枚ずつ播種しました。これから約3週間育苗し6月のはじめに田植えの予定です。

 

   播種機で1枚ずつ種もみを播きます

  播き終わるとこのようになります

  手で薄めに土をかけて覆土します

  苗床で約3週間育苗します

 

ネギの定植

 4月16日(木)ネギの定植を行いました。

 

 ネギも先日播種したサトイモと同じように栽培期間が長く、収穫まで約半年かかります。緊急事態宣言に基づき生徒は臨時休業中ですが、いつ復帰してもいいように農場管理はしっかり行いたいと思います。

 

     ネギの苗

  溝に等間隔に並べていきます。

  最後に覆土をして完成です。

 

園芸即売会中止に関するお知らせ

 いつも本校の教育活動にご理解を頂き、誠にありがとうございます。

 4月25日(土)に行われる予定であった園芸即売会は、新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言に基づき、中止させていただくことになりました。楽しみにしていただいた皆様には誠に申し訳ございませんがご理解を頂き、来年に期待していただければと思います。

 

令和2年4月10日

羽生実業高等学校

 

サトイモの播種

 4月9日(木)サトイモの播種を行いました。

 

 サトイモは栽培期間が半年以上と長く、例年4月の初めの実習にて播種を行っているのですが、今年は自家採種した種芋なのでやや早めに播種を行いました。ちゃんと発芽するか少し不安ですが、11月の収穫を目指してしっかり管理したいと思います。

            使用した種芋

     約30cm間隔で種芋を溝に置いていきます

    最後に覆土(土をかぶせること)して完成です

 

 

トマトの鉢上げ

 3月26日(木)トマトの鉢上げを行いました。

 

 3月13日(金)に播種したトマト(3000ポット)の鉢上げを行いました。

 3月18日(水)に直播(じかまき:ポットに直接種をまくこと)したキュウリ4000ポットも発芽を始め、3月24日(火)にはミニトマト1300粒の播種を行ったので、段々作業のゴールが見えてきました。

 即売会まであと1か月、今後の情勢がどう変化していくかわかりませんが、育苗作業はしっかりと続けていきたいと思います。

 

           発芽したキュウリ

 

           鉢上げしたトマト

 

 3月13日に鉢上げしたナス。順調に生育しています。