校長室

令和2年度~校長室

令和3年度入学式式辞

4月8日(木)午後1時から、入学式を行いました。校長式辞の概要は、次のとおりです。

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教職員、在校生を代表してお祝いを申し上げます。

保護者の皆様、本日はお子様の御入学、誠におめでとうございます。私たち教職員は、お子様が自ら生きる道を切り開いていけるよう、全力で支援してまいります。保護者の皆様におかれましても、本校の教育方針を御理解いただき、御支援と御協力を賜りますようお願いいたします。

本校は、今年度102年を迎える伝統校で、多くの卒業生が商業や農業にかかわる分野で活躍しています。今日から本校での高校生活がスタートするにあたり、3点話をします。

 1つ目は、本校で学ぶ意義です。本校では、社会の経済活動を支える人材として必要な素養を学びます。勉強をやらなくて後悔する人は数多くいますが、勉強をやりすぎて後悔する人はいません。勉強する目的は、知らないことを知ること、できないことができるようになること、身に付けた知識や技術を人のために活用することです。勉強をするうえで大切なことは、やるべきことを後回しにせず今やることです。これから3年間、皆さんが学び浸ることを期待します。

2つ目は、「出会い」についてです。私が尊敬する教育者であり哲学者でもある森信三の言葉に「人間は一生のうちに逢うべき人に必ず会える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。」というものがあります。本校での出会いの中に、これからの生き方に大きな影響を与えてくれる人がいるはずです。私も皆さんとの出会いは、とても大切なものと思っています。

3つ目は、「大切にする」ということについてです。家族を大切に、友達を大切に、物を大切に、時間を大切に、お金を大切に、夢を大切に、さて、皆さんは、何を大切にしていますか。人は、大切にしているものから、必ず大切にされます。人は、一人では生きていけません。他の人や身の周りのものとのかかわりを大切にすることが、人生を豊かにすることにつながります。

 皆さんにとってこれから始まる高校生活が、充実したものになることを願っています。

0

令和3年度1学期始業式 校長講話

4月8日(木)に1学期の始業式を行いました。校長講話の概要は、次のとおりです。

今日から新学年が始まります。新たな思いを胸に、登校してきた人も多いと思います。進級すると、学習内容もより高度化、専門化するので、これまで以上に授業に集中してください。

学校教育については、コロナウイルス感染症対策を維持しつつ教育活動を続けることになりますので、学校行事や部活動など、それぞれの場面で力を精一杯出してほしいと思います。

 春休み中にある会社の経営者の方にお会いしました。その方との話の中から、皆さんにとって必要だと思ったことを伝えます。

・最近の高卒の社員について、入社後すぐに退社してしまう人は減ってきている。真面目で指示した黙々と仕事をこなす一方、自ら考えて仕事ができない。愛想はいいが、いざコミュニケーションを取ろうとするとうまくできない。

・高校時代に養って欲しいものは、少々辛いことでも辛抱できる力とコミュニケーション力。特に、挨拶できることが重要。これらを部活動をとおして身に付けて欲しい。

・最近の働き方として、一人が複数の分野の仕事を行う総合職化から、それぞれの社員が異なる仕事を担当する専門職化にシフトする企業が出てきている。全ての企業が専門職化を取り入れるわけではないが、社会は確実に変化している。 

本日午後には、入学式が行われます。明日からは、全学年が揃っての学校生活が始まります。令和2年度3学期の終業式でもお話ししましたが、3年生は進路が目の前に迫っています。2年生は学校を支える中核の学年となります。一人一人がしっかりと自覚をもって高校生活を送って欲しいと思います。

 

0

令和2年度3学期終業式

令和3年3月24日(水)に、3学期終業式を行いました。校長講話の概要は、次のとおりです。

1点目は、先日行われた卒業証書授与式について

3月13日(土)に、第73回卒業証書授与式が行われました。コロナウイルス感染症が無ければ、在校生も参列して行うはずでしたが、今年度は、卒業生及び保護者1名、教職員で行いました。大変厳粛な雰囲気で行われ、本校で3年間過ごした生徒はさすがだと思いました。

 2点目は、本校のキャッチフレーズについてです。

昨年度、本校は100周年を迎えました。そこで、101年目の今年度を契機として、本校の新たなキャッチフレーズを作りました。キャッチフレーズは、2学期に生徒会から全生徒に募集を掛けるとともに、先生方からも応募してもらいました。それらの中から7作品(生徒作4+教員作3)を選びましたが、どれも甲乙つけがたい良いものばかりでした。教職員から、折角なら生徒のものから選びたいとう意見があったので、複数の生徒の作品をミックスして作成しました。キャッチフレーズは、「伝統を胸に、未来(あす)に向かって 花開け」です。大変明るく前向きな素晴らしいものだと思います。 

3点目は、来年度に向けてです。

2年生は、3年生に進級すると、目の前に進路が迫ってきます。特に、就職を希望する生徒は、真っ先に準備を始める必要があります。本校の就職に関しては、高い決定率を誇っています。これは、長い伝統の中で培ってきた指導ノウハウが蓄積されていることと、就職先で活躍している卒業生のおかげです。「先んずれば人を制す」ということわざがあるように、就職試験や入学試験という競争を勝ち抜くためには早め早めの準備が重要だと思います。1年生は、2年生に進級しますが、学校を支える中核の学年としての自覚を持ってほしいと思います。例えば、多くの部活動では、3年生は春で引退し、2年生が主体となります。また、学校行事や生徒会活動においても3年生の活動を支え、1年生を指導する役割が出てきます。私は、高校2年生の過ごし方がその後の生き方に影響するものと考えています。

 春休み中は、事故や怪我、病気に気を付けて、4月8日の始業式に元気に登校することを願っています。

 

0

本校のキャッチフレーズ

本校は、昨年度100年周年を迎えたました。そして、101年目の今年、これまで100年間続いてきた本校の教育活動に敬意を払うとともに、次の100年につなげるため、本校の飛躍を狙ったキャッチコピーを教職員と生徒で協同して作成し、次のとおり決定しました。

伝統を胸に 未来(あす)に向かって 花開け

 

 

 

0

令和2年度卒業証書授与式

本日(令和3年3月13日)、令和2年度第73回卒業証書授与式を行いました。

おごそかな雰囲気の中で、大変素晴らしい式となりました。

校長式辞として伝えた内容は、次の2点です。

〇卒業生へ

これから様々な困難な経験に出会うと思いますが、その中から学んだことや発見したことを糧に人生を豊かにしてください。そして、代役をたてられない人生という自分だけの舞台で、個性を輝かせて活躍し続けてください。

〇保護者へ

保護者の方々の御臨席のもと、卒業証書授与式が挙行できたことに心から感謝申し上げます。お子様は3年間で立派に成長しました。これまで、本校への御理解と御協力、そして御支援をいただきありがとうございました。

また、卒業生答辞では感動的なコメントを、保護者謝辞では心温まるメッセージをいただきました。

では、最後にもう一度、式辞の中の言葉を伝えます。

「あなたの人生は、きっとうまくいきます」

 

0