校長室

令和2年度~校長室

令和3年度2学期始業式 校長講話

9月1日(水)に2学期の始業式を行いました。校長講話の概要は、次のとおりです。

最初に、夏季休業中の生徒の活躍を報告します。インターハイ陸上競技男子砲丸投げに出場した3年生が、7位に入賞しました。大変素晴らしい結果です。また、フラワーアレンジメント県大会では、最優秀賞に3年生から1名、優秀賞に3年生から1名、1年生から2名が選ばれました。4人は全国大会に出場する予定です。是非、全国大会でも頑張って欲しいと思います。

2学期がスタートしました。緊急事態宣言下ではありますが、3年生にとっては卒業後の進路を決定する重要な時期となります。これまで取り組んできたことが、良い結果に結びつくことを願っています。

本日のテーマは人権です。本校では、人権作文を夏季休業中の課題としています。これは、人権問題を身近なものとして考えてもらうためです。今年、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大によって1年延期となっていた東京オリンピック・パラリンピックが開催されました。しかし、世界中のアスリートが集い競うスポーツの祭典においても、過去に差別や虐殺を肯定する発言や行為を行ったことのある式典関係者の解任や辞退、競技前や表彰式での選手による人権侵害を訴えるパフォーマンス、人種やLGBPTQに関する報道、障害者スポーツへの理解等、様々な人権問題を考えさせられる場面が数多くありました。ここで、人権に関する活動として、私が取り組んだ例を2つ紹介します。2つとも、障害者支援に関する内容です。私が初めて障害者支援に取り組んだのは、大学4年生の時でした。きっかけは、大学の教授から「耳の不自由な学生のnote takingを手伝える人を探している」という話でした。私は、その学生の力になろうと思い引き受けることにしました。私が行っていた内容は、私の授業の空き時間に彼の授業に参加し、教授の話をノートに書き留めたり、教授から質問された内容を書いて知らせることをしていました。次の事例は、車椅子バスケットに関するものです。車椅子バスケットの選手は、交通事故やスポーツでの負傷、病気によって足に障害を負った人、生まれつき足に障害を持った人など、様々な背景を抱えています。私が、車椅子バスケットの支援にかかわったきっかけは、バスケットボール日本公認審判の資格を持っていた私に、車椅子バスケットの審判の依頼があったことでした。これは、当時、障害者スポーツはリハビリの一環と位置付けられており、医療や福祉を担当する厚生労働省の管轄となっていたため、専門の審判員が少ないためでした。関東を中心に、東海、中部、関西等の様々な大会や練習会に参加し、多くの選手やスタッフとの交流を持ちました。今回の東京パラリンピックでも、選手の活躍する姿を見て大変うれしく思っています。これらの事例を通して私が学んだことは、ハンディキャップを抱えた人への支援は極めて大切であること、支援はできる範囲でいいので自ら進んで実践すること、そして、障害の状態や受けたい支援は個人個人で異なるので、十分コミュニケーションを取り相手のことを理解することでした。特に車椅子バスケットから学んだことは、目線の位置を合わせることです。車椅子利用者との会話は、こちらが立って相手を見下ろす姿勢ではなく、しゃがんで低い姿勢になることが良いコミュニケーションを生むことにつながりました。人権を守ることは大切だとわかっていても、どうしたらよいか迷うこともあると思います。大切なことは、知ること、考えること、発信すること、行動することです。夏季休業の課題として提出された人権作文は、文集にして配布するので、必ず一読して人権問題解決の参考にしてください。 

0

インターハイ壮行会「激励の言葉」

県大会及び北関東大会の陸上競技大会で、それぞれ砲丸投げとハンマー投げで2冠を達成した阿南渉真君が、福井県で行われるインターハイ出場権を獲得したので、全校生徒で壮行会を行いました。

校長からの激励の言葉は、次のとおりです。

県大会と北関東大会での2冠、そして、インターハイ出場権の獲得、おめでとうございます。コロナ禍で、思うように部活動ができない中、この偉業はとても素晴らしいと思います。「輝け君の汗と涙」という今年のインターハイのキャッチフレーズですが、昨年インターハイが中止になり、そこに出場することがかなわなかった人たちの気持ちを思うと、一層この言葉が心に響きます。是非、インターハイ本番でも優勝を狙って、ベストを尽くしてください。

0

令和3年度1学期終業式 校長講話

7月20日(火)に1学期の終業式を行いました。校長講話の概要は、次のとおりです。

今年度は、新型コロナウイルス感染症対策を徹底しながら、学校の教育活動は止めないという方針で1学期がスタートしました。授業については、ほぼ計画通り進みました。学校行事についても、入学式に参加できる保護者数、部活動の活動日数、不特定多数が来校する学校公開の中止など、様々な制限がありましたが無事に行うことができました。その中で、昨年度中止になった遠足が実施できたことは、大変良かったと思っています。

本日のテーマは、今後の産業界の変化についてです。専門高校である本校にとって、これからの日本や世界の産業界がどのように変化するかを把握することは大変重要ことだと考えています。このことについて、別々の機会に2人の方から話を聞く機会がありました。偶然にも、2人とも同じことを言っていました。それは、「自分で思考する人材が、これからの社会を作っていく。」というものです。今後10~20年で、マニュアルのある仕事はAIに置き換わり、ルーティン作業はロボットが行うなど約47%の仕事が自動化され、今ある仕事のうち100種類以上がなくなる可能性がある。一方、営業職やカウンセラーなど、高度なコミュニケーション能力が必要な仕事は無くならない。これからの社会で求められる高度なコミュニケーション能力とは、直接話すだけでなく、リモート、メール、LINE、チャット、オンデマンドなど、どのようなコミュニケーションツールであっても自分の意思をしっかり伝え、相手の意思もきちんと理解できる力とのことです。さらに、これからの社会では、大量のデータを分析するデータサイエンティストや、無から有を生み出す力を持ったクリエイターが必要とされるとのことでした。そして、このような力を身に付ける方法の一つとして、普段の学習の中で、問題を解いて答えを出すだけではなく、どのように答えを導いたか思考のプロセスを説明できるようにしていくことが重要だとアドバイスを受けました。

進化論を唱えたダーウィンは、「この世に生き残る生物は、激しい変化にいち早く対応できたもの」と言い、作家のルイス・キャロルが書いた「鏡の国のアリス」に出てくる赤の女王は、「この世界では、その場にとどまるためには全力で走り続けなければならない。」と言いました。社会は日々変化しています。その変化を敏感に察知し、常にその流れ乗れるように意識した生活を送れるようにしてください。

 最後に、夏休みの過ごし方についてお話しします。3年生の就職希望者にとっては、いよいよ就職活動が本番となります。夏季休業中の会社見学、9月の入社試験に向けてしっかりと準備に取り掛かってください。進学希望者は、志望校の調査を行ってください。コロナ禍ではありますが、志望校において参加型のオープンキャンパスが行われる場合は、できる限り参加してください。1、2年生は、自分の時間が十分に取れるので、部活動や生徒会活動、資格取得などに取り組んで欲しいと思います。

明日から長い夏休みが始まり、開放的な気持ちになると思いますが、交通事故をはじめとする様々な事故やコロナ感染に注意して過ごしてください。

 

0

関東大会壮行会「激励の言葉」

今年度、ウエイトリフティング部から1名、陸上部から2名、合計3名の生徒が関東大会に出場することになりました。そこで、5月20日(木)に壮行会を行い、出場する生徒に向けて「激励の言葉」を掛けました。概要は、次のとおりです。

ウエイトリフティング部と陸上部の関東大会出場、おめでとうございます。部活動をやっているものにとって、県大会を勝ち抜いて出場する関東大会や全国大会は、本当に夢の舞台です。誰もがその舞台に立つことを目標に、日々努力を重ねていますが、たどり着けるものは一握りしかいません。そう言った意味では、関東大会出場は出場する本人のみならず、他の部員にとっても喜ばしいことだと思います。高校生の力は日々成長するので、まだまだ力は伸びていきます。今後も練習に集中し、本番では優勝を目指して力を存分に発揮してください。君たちなら、きっとうまくいきます。 

0

令和3年度入学式式辞

4月8日(木)午後1時から、入学式を行いました。校長式辞の概要は、次のとおりです。

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教職員、在校生を代表してお祝いを申し上げます。

保護者の皆様、本日はお子様の御入学、誠におめでとうございます。私たち教職員は、お子様が自ら生きる道を切り開いていけるよう、全力で支援してまいります。保護者の皆様におかれましても、本校の教育方針を御理解いただき、御支援と御協力を賜りますようお願いいたします。

本校は、今年度102年を迎える伝統校で、多くの卒業生が商業や農業にかかわる分野で活躍しています。今日から本校での高校生活がスタートするにあたり、3点話をします。

 1つ目は、本校で学ぶ意義です。本校では、社会の経済活動を支える人材として必要な素養を学びます。勉強をやらなくて後悔する人は数多くいますが、勉強をやりすぎて後悔する人はいません。勉強する目的は、知らないことを知ること、できないことができるようになること、身に付けた知識や技術を人のために活用することです。勉強をするうえで大切なことは、やるべきことを後回しにせず今やることです。これから3年間、皆さんが学び浸ることを期待します。

2つ目は、「出会い」についてです。私が尊敬する教育者であり哲学者でもある森信三の言葉に「人間は一生のうちに逢うべき人に必ず会える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。」というものがあります。本校での出会いの中に、これからの生き方に大きな影響を与えてくれる人がいるはずです。私も皆さんとの出会いは、とても大切なものと思っています。

3つ目は、「大切にする」ということについてです。家族を大切に、友達を大切に、物を大切に、時間を大切に、お金を大切に、夢を大切に、さて、皆さんは、何を大切にしていますか。人は、大切にしているものから、必ず大切にされます。人は、一人では生きていけません。他の人や身の周りのものとのかかわりを大切にすることが、人生を豊かにすることにつながります。

 皆さんにとってこれから始まる高校生活が、充実したものになることを願っています。

0

令和3年度1学期始業式 校長講話

4月8日(木)に1学期の始業式を行いました。校長講話の概要は、次のとおりです。

今日から新学年が始まります。新たな思いを胸に、登校してきた人も多いと思います。進級すると、学習内容もより高度化、専門化するので、これまで以上に授業に集中してください。

学校教育については、コロナウイルス感染症対策を維持しつつ教育活動を続けることになりますので、学校行事や部活動など、それぞれの場面で力を精一杯出してほしいと思います。

 春休み中にある会社の経営者の方にお会いしました。その方との話の中から、皆さんにとって必要だと思ったことを伝えます。

・最近の高卒の社員について、入社後すぐに退社してしまう人は減ってきている。真面目で指示した黙々と仕事をこなす一方、自ら考えて仕事ができない。愛想はいいが、いざコミュニケーションを取ろうとするとうまくできない。

・高校時代に養って欲しいものは、少々辛いことでも辛抱できる力とコミュニケーション力。特に、挨拶できることが重要。これらを部活動をとおして身に付けて欲しい。

・最近の働き方として、一人が複数の分野の仕事を行う総合職化から、それぞれの社員が異なる仕事を担当する専門職化にシフトする企業が出てきている。全ての企業が専門職化を取り入れるわけではないが、社会は確実に変化している。 

本日午後には、入学式が行われます。明日からは、全学年が揃っての学校生活が始まります。令和2年度3学期の終業式でもお話ししましたが、3年生は進路が目の前に迫っています。2年生は学校を支える中核の学年となります。一人一人がしっかりと自覚をもって高校生活を送って欲しいと思います。

 

0

令和2年度3学期終業式

令和3年3月24日(水)に、3学期終業式を行いました。校長講話の概要は、次のとおりです。

1点目は、先日行われた卒業証書授与式について

3月13日(土)に、第73回卒業証書授与式が行われました。コロナウイルス感染症が無ければ、在校生も参列して行うはずでしたが、今年度は、卒業生及び保護者1名、教職員で行いました。大変厳粛な雰囲気で行われ、本校で3年間過ごした生徒はさすがだと思いました。

 2点目は、本校のキャッチフレーズについてです。

昨年度、本校は100周年を迎えました。そこで、101年目の今年度を契機として、本校の新たなキャッチフレーズを作りました。キャッチフレーズは、2学期に生徒会から全生徒に募集を掛けるとともに、先生方からも応募してもらいました。それらの中から7作品(生徒作4+教員作3)を選びましたが、どれも甲乙つけがたい良いものばかりでした。教職員から、折角なら生徒のものから選びたいとう意見があったので、複数の生徒の作品をミックスして作成しました。キャッチフレーズは、「伝統を胸に、未来(あす)に向かって 花開け」です。大変明るく前向きな素晴らしいものだと思います。 

3点目は、来年度に向けてです。

2年生は、3年生に進級すると、目の前に進路が迫ってきます。特に、就職を希望する生徒は、真っ先に準備を始める必要があります。本校の就職に関しては、高い決定率を誇っています。これは、長い伝統の中で培ってきた指導ノウハウが蓄積されていることと、就職先で活躍している卒業生のおかげです。「先んずれば人を制す」ということわざがあるように、就職試験や入学試験という競争を勝ち抜くためには早め早めの準備が重要だと思います。1年生は、2年生に進級しますが、学校を支える中核の学年としての自覚を持ってほしいと思います。例えば、多くの部活動では、3年生は春で引退し、2年生が主体となります。また、学校行事や生徒会活動においても3年生の活動を支え、1年生を指導する役割が出てきます。私は、高校2年生の過ごし方がその後の生き方に影響するものと考えています。

 春休み中は、事故や怪我、病気に気を付けて、4月8日の始業式に元気に登校することを願っています。

 

0

本校のキャッチフレーズ

本校は、昨年度100年周年を迎えたました。そして、101年目の今年、これまで100年間続いてきた本校の教育活動に敬意を払うとともに、次の100年につなげるため、本校の飛躍を狙ったキャッチコピーを教職員と生徒で協同して作成し、次のとおり決定しました。

伝統を胸に 未来(あす)に向かって 花開け

 

 

 

0

令和2年度卒業証書授与式

本日(令和3年3月13日)、令和2年度第73回卒業証書授与式を行いました。

おごそかな雰囲気の中で、大変素晴らしい式となりました。

校長式辞として伝えた内容は、次の2点です。

〇卒業生へ

これから様々な困難な経験に出会うと思いますが、その中から学んだことや発見したことを糧に人生を豊かにしてください。そして、代役をたてられない人生という自分だけの舞台で、個性を輝かせて活躍し続けてください。

〇保護者へ

保護者の方々の御臨席のもと、卒業証書授与式が挙行できたことに心から感謝申し上げます。お子様は3年間で立派に成長しました。これまで、本校への御理解と御協力、そして御支援をいただきありがとうございました。

また、卒業生答辞では感動的なコメントを、保護者謝辞では心温まるメッセージをいただきました。

では、最後にもう一度、式辞の中の言葉を伝えます。

「あなたの人生は、きっとうまくいきます」

 

0