日誌

野球部日誌

平日の過ごし方~攻撃篇②~

今日は6秒スイングというものを紹介したいと思います。



昨年他校の野球指導者と話す機会があり、一番辛い(肉体的・精神的に)練習は何かという話題になりました。もちろん走り込みやトレーニングも辛いですが、原点となる辛い練習は素振りだとその先生は話されていました。それも、1本1本真剣に振る素振り程大変なことはないということでした。

「6秒に1本全力で振る。10分で体が温まり、20分であぶら汗、30分でフラフラになる」

本校の部員に早速取り入れてみました。
ねらいは「スイングスピードをとにかく上げられるようにする」とし、フォーム意識よりもいかに力強くスイングができるかに主眼を置くように伝えました。

まずは10分からスタート。
普段のスイング量よりも格段に少ない計100スイングでしたが、選手からは「かなりキツイ」という反応が返ってきました。
それ以降、6秒スイングをフリーバッティングの待ち時間等に取り入れた結果、2年の選手は苦手だったコースにも強く振れるようになりました。

細かいフォームを気にすることも大切ですが、こういった割り切った思い切りのいいスイングを取り入れることもたまには必要なんだなということを実感しています。

たかが6秒、されど6秒。力を込めたスイング1本1本に覚悟を決められるか、その覚悟が試合でのヒット1本につながるかどうかは自分次第です。頑張れ羽実球児!

平日の過ごし方~守備篇②~

更新が滞っておりました。
選手は現在今年度最後の定期考査に向けて、毎日勉強会に勤しんでおります。

さて、平日の過ごし方を打撃篇・守備篇に分けて一度ずつお伝えしましたが、このHPを見たよと言ってくれた方が複数いたので、新たに公開していきたいと思います。とはいえ、人数の少ない中での練習という非常にマニアックな内容の為、万人受けするような内容ではないのであしからず…(笑)

今回は守備篇②ということで、内野アメリカンノックを紹介したいと思います。
通常アメリカンノックは外野で行うことが多いですが、本校では内野でもアメリカンノックを行います。

①~③のルートをダッシュで駆け、ノッカーは②と③の順にゴロを打ちます。選手は2本捕ったら1ポイント、1本ミスしたらノーカウント、2本ミスしたら1ポイント減のサバイバルノックとなります。更にノッカーも遊び心を持てるように、ベースにボールを当てたら選手のポイントを1減…!そのかわりノッカーの打ち損じは1ポイント選手にあげています(笑)

練習のねらいは脚力強化と球際力の向上、メンタル強化、そして守備のタイムをとるタイミングを考えられるようにすること(これについては後述)です。選手2~3人で合計30ポイント集めるように練習に取り組んでいます。

ミスも含めるとかなり多くの量を受けることになります。当然、後半のミスは選手の雰囲気を重くさせます。そこで休憩を兼ね、内野アメリカン時に「守備のタイム」を3回設けています。通常のゲームと同様、どのタイミングで取っても構わないと選手には伝えています。

すると選手間でどのタイミングでタイムを取ったらいいか考えるようになり、例えば後半エラーが続いた場面で取ったり、20ポイント獲得時に気を引き締めるためにタイムを取ったり、工夫を凝らすことができるようになりました。

単にノックを受けるだけでは得られないような効果が内野アメリカンから感じられました。ボールを必死に追うので、通常のダッシュよりも効果的かもしれません(笑)


人数が少なくても、楽しく実になるような練習を日々考えておりますので、これから願書を提出する中3生の皆さん、是非羽実へ!希望すれば新入生から即レギュラーです。自信がなくても、実績がなくても基礎から教えます。待ってますよ!!

平日の過ごし方~守備篇~

皆さんこんにちは。
今回は守備練習について書きたいと思います。

一般的に守備練習というと、その練習内容は多岐にわたります。ノック、投内連係、ケースノック…長い時間をかけて他校は行います。
しかし、本校は前回の通り人数が2年生1名、1年生2名の計3人しかいないため、他校で行われるような一般的な守備練習はできません。その代わりに、全員が全ポジションを守れるように練習をしています。

内野練習の一例を紹介します。


①特守(背後にネットを用意し、できるだけ多くのノックを受ける)
②③二遊間ゲッツー練習
④ファースト捕球、ゲッツー練習(①や②③からくる送球を受ける)
このような内容をローテーションして実施すれば、内野全ポジション経験することができます。

他にも、本校では全員にピッチング練習に取り組んでもらいます。今まで投手や捕手の経験がなかったとしても、ピッチング練習をし、バッテリーとして練習試合に取り組みます。実際に、高校に入って本格的に投手を経験した部員が今秋から練習試合で登板機会を得て、実践を積んでいます。
今季最終戦だった羽生第一高校戦では、3-3の引き分けになりましたが、A投手の好投が好ゲームをけん引しました。それ以外にも、投手の座を狙う他の部員が、虎視眈々と自主練習に励むようになりました。

平日の過ごし方~攻撃篇~

皆さんこんにちは。久しぶりの投稿になってしましました。

 まずは近況から報告させていただきます。
去る7月の選手権大会北埼玉大会では単独チームとして出場し、越谷北高校と対戦しました。
 結果は10-5で敗れはしましたが、7回終了時点まで同点と、非常にいい試合ができました。これからの三年生の活躍に、大いに期待したいと思います。

 新チームになり、2年生が1名、1年生が2名のスタートとなったため、幸手桜・栗橋北彩と合同チームを組んで新人戦・秋季大会に臨みました。
 新人戦では東部地区新人戦ベスト4となった草加東高校相手に9-5で敗戦、秋季大会では県大会出場となった宮代高校を相手に8-4で敗戦いたしました。
敗戦こそ重ねましたが、大差で負けることが少なくなりました。着実に実力をつけているのではないかと思います。


 さて、本校野球部のホームページを見ている方は、普段羽実はどんな練習をしているのか気になる方もいらっしゃると思います。そこで本校の野球部の練習の取り組みについて、シリーズ化でお知らせしていきたいと思います。

 今回は第1弾として、『平日の過ごし方~攻撃篇~』について掲載したいと思います。掲載のねらいは、中学生に本校野球部の現状を知ってもらい、不安なく本校で野球がしたいと思ってもらえるようにするということです。

 平日の活動内容ですが、朝7:30から放課後の練習に備えて準備や、残り時間でティーバッティング等をしています。放課後は16:00に練習を開始し、19:00を目途に終了しています。
 練習内容は日によって変わりますが、様々な練習を行っております。羽実特有の練習の一つとして、「守備なしのフリーバッティング」をよく行っております。
野球において守備の重要性はもちろん承知していますが、如何せん人数が少なく、守備を一人二人置いただけでは、打球1本に対する守備への集中力も欠けてきます。なので、バッティング練習は打撃面のみと割り切り、打ち込みを行います。
 羽実のグラウンドは広く、打ちっぱなしにするとボール回収が大変ではないかと思われる方もいますが、マネージャー含め、全部員で一気に回収することで、ボール回収の時間を10分程度で抑えることができているので、思ったよりも時間や手間はかかりません。むしろ、球数を多くこなせるので、選手たちは喜んでバッティング練習に取り組んでいます。待機している選手については、ティーバッティングや他のトレーニングを行います。おそらく人数の揃っている他の高校よりも一人当たりが打てる本数は、かなり多いと思います。バッティング練習が好きな選手は羽実へどうぞ!!傍から見た守備なしのバッティング練習の光景はとても寂しいですが、選手は精一杯頑張っています(笑)

 次回は「平日の過ごし方~守備篇~」を掲載したいと思います。掲載は不定期ですが、近日中に掲載します。ご期待ください!!

~中学生の皆様へ~
11月17日に本校で第2回一日体験入学を実施します。本校のトップページから近日中に申込可能となりますので、ぜひ申し込みください。野球部はその日、駐車場係として案内をしておりますので、その日に練習見学等したい場合は、気軽に声をかけてください。

まもなくシーズン突入

皆さんこんにちは。

もう間もなくシーズンインですね!

冬のトレーニングの成果を発揮するときがやっときました。

2月に行われた持久走大会男子の部(10km)では、野球部員がトップ20に3人入ることができました。
冬のトレーニングの成果が早くも表れています。

部員(選手)5名のうち、4名が飛躍的に記録向上を図ることができました。

    (昨年度の記録)   (今年度の記録)
部員A: 49分00秒 9位  ⇒  44分36秒  7位  ↑4分24秒 ↑2位
部員B: 怪我の為不参加  ⇒  45分15秒 8位
部員C: 64分6秒 70位  ⇒  51分26秒 28位  ↑12分40秒 ↑42位
部員D:   一年生    ⇒  48分31秒 17位

部員Aは昨年度もトップ10入りを果たしました。記録は昨年度と比較しても4分以上向上することができました。
部員Bは怪我で思うように走れない時期が長く、辛い時期を過ごしました。それでもできる範囲でトレーニングをし、見事トップ10入りできました。
部員Cは昨年度と比較しても、体力が急成長しました。顧問としても、ここまでタイムが上がるとは思いませんでした。いい意味で期待を裏切ってくれました(笑)
部員Dは唯一の1年生ですが、入学時の1500mタイム順位が全学年男子内で116位でした。しかし、部活での練習や本人の取り組み姿勢により、ここまで持久力を向上させることができました。これからもさらなる成長が見込まれる選手です。
残りの部員Eですが、昨年度は1年生ながら6位と健闘したのですが、今年は故障のため、思うように走れません
でした。

数字で見ると、改めて冬の間のトレーニングは着実に実を結んでいるなということがわかります。
試合で結果につながるように、更に頑張ります。


ところで、入学を控える新一年生の皆さん、どうですか?きっと体力や技術に自信がないと高校野球できないんじゃないか、と心配している方も多いのではないでしょうか。それは半分当たっていて、半分間違えています。
確かに高校野球で勝つ以上、高い体力・技術力が求められることは事実です。しかし、最初から体力に自信があったり、技術に自信のある選手はほとんどいません。ではどうすればいいか?

入部してから少しずつ鍛えていけばいいんです。

自分たちはまだ大会で結果を残すことはできていませんが、確実に勝てるための準備を少しずつ積み上げています。持久走大会の結果がまさに示していると思います。

少しずつ鍛えて、徐々に相手を試合で負かすことができるようになる…そこに高校野球のロマンがたくさん詰まっています。

僕たちと一緒に、勝利というロマンを掴みにいきませんか?中学校で野球を終わりにしてしまうなんて、もったいないですよ。

グラウンドで新入生の皆さんのことを待っている部員がたくさんいます。一緒に野球しましょう。




3月の練習試合で勢いをつけ、4月の地方大会で1つでも多く勝てるように頑張ります!

参考まで、3月の練習試合の予定を掲載しておきます。皆さんの熱い応援を宜しくお願いいたします!!

【3月の練習試合予定】
2018/3/10 vs 不動岡、開智未来 羽実G
2018/3/11 vs 足立学園 羽実G
2018/3/17 vs 川口、東海大翔洋 川口or三郷高G
2018/3/18 三年生を送る会
2018/3/21 vs 三郷・三工技(春高杯) 川口青陵G
2018/3/24 vs 未定(春高杯)
2018/3/27 vs 深谷商 羽実G

※試合内容は急遽変更になることもございます。